production
go-explore

これら5つの観光地は、2020年、あなたに素晴らしい経験をもたらします

 

インドネシア共和国 観光クリエイティブエコノミー省は、インドネシアの重点的な観光地として、5つの地域を公式に定めました。その素晴らしい5つの観光地とは、トバ湖、ボロブドゥール、マンダリカ、ラブアン・バジョ、リクパンです。見事な自然の風景、澄み切った水中世界、手付かずのビーチ、名所旧跡などで満たされ、きっとあなたの2020年を美しい色で彩るでしょう。

トバ湖

トバ湖の写真を検索したとき、海と見間違うかもしれません。東南アジア最大の湖であり、世界で最も深い湖の1つであるため、それも当然のことでしょう。

lake toba

トバ湖は巨大火山のカルデラ湖で、深さ450メートル、広さは1,145平方キロメートル以上あります。手付かずの心落ち着く風景、まるで絵画のように美しい眺めは、あらゆるものから逃避する旅に最適です。

見るべきもの

壮大な湖の周りには緑豊かな木々があり、トバ湖は全ての場所が絵画のような美しさです。朝早く起きてこれらのスポットを訪れ、2つの伝統的な村の美しさに浸り、本物のインドネシアをお楽しみください。湖畔にある魅力的な博物館を訪れることもお忘れなく。その他多くのアイデアについては、次のトバ湖旅行のプランをご覧ください

やるべき事

トバ湖では多くのアクティビティに参加することができますが、その中でも最高なのはカヤックでトバ湖を探検することです。涼しい風と心落ち着く雰囲気を楽しみながら、多くのものを見ることができ、本当に素晴らしい一生に一度の経験となるでしょう。

その後、Kaldera Nomadic Escapeなどトバ湖のアトラクションでキャンプやグランピングを楽しむこともできます。アジバタ地区のシビサに位置しており、自然のワンダーランドに浸ることができ、またモダンな雰囲気も楽しめます。いわゆる華やかなキャンプです。

地元の人々の伝統を楽しむために、特徴的な木造家屋が立ち並ぶ村を訪れたり、トルトル(Tor-Tor)という舞踊を体験することができます。

買うべきもの

トバ湖には、美しいウロス布など、お土産がたくさんあります。この布は大胆な色使いが特徴的で、お土産として持ち帰るにはぴったりです。またトバ湖の郷土料理も、ぜひ味わってみてください!

コーヒー好きの人は、スマトラ・マンデリンという素晴らしいアラビカ・コーヒー豆を忘れずに買いましょう。家に帰っても味わいたいものは、必ずたくさん買って持って帰ってください!

ボロブドゥール

巨大な古代寺院ボロブドゥールは、東南アジア最大の文化的アイコンの1つです。寺院は幅の広い構造で構成されており、上部には彫刻の施された3つの円形壇があり、2000枚以上のレリーフパネルと504の仏像があります。

borobudur

世界最大の仏教寺院として、寺院が放つ壮大な雰囲気に思いを馳せるすることができます。遺跡を散策し、これを築いた古代のサイレンドラ王朝について学べる歴史的散歩を体験しましょう。

見るべきもの

ボロブドゥール寺院の神秘的な日の出と壮大な夕日は絶対に見逃せません。早朝に行き、太陽の黄金色の光に包まれゆく壮大な古代寺院をお楽しみください。寺院の眺めは、寺院の下部からでも上部からでも楽しむことができるため、どの場所もボロブドゥールのベストスポットと言えるでしょう。ボロブドゥールではインスタ投稿のために素晴らしい場所をいつでも見つけることができます。寺院を取り囲む広大な緑の芝生エリアからでも、ボロブドゥールの頂上の仏塔の間でも。

古代建築を愛する人にとって、ボロブドゥールは必見の場所です。それはなぜでしょうか?ボロブドゥールは9世紀に接着剤などを利用せず石を積み上げて建てられた物だからです。またボロブドゥールは空撮ビデオグラファーにとっても最高の場所です。非の打ちどころなく構築された巨大なモニュメントを目にすることができます。

ボロブドゥール周辺では、ビーチ、洞窟、貯水池など、数々の美しいスポットを訪れることもできます!

やるべき事

ボロブドゥール周辺の旅行のアイデアでチェックすべきものはたくさんあります。最高のボロブドゥールのアトラクションで、大満足の旅行プランを計画しましょう。ボロブドゥールは仏教的宇宙観を象徴すると言われており、歴史的、精神的な旅をお楽しみいただけます。寺院の何千枚ものパネルに刻まれた物語を通し、寺院を建立したサイレンドラ王朝の古代史を学べます。ボロブドゥールの旅程にふさわしいもう1つの魅力は、初期のジャワ文化と仏教の教義から成る豊かな一連の石のレリーフにつながる回廊を通って寺院に入ることです。

石のレリーフと仏塔で描かれている悟りへの旅を見るために、寺院の下部から頂上へ向かう、精神的な旅を始めましょう。また、ドローンを飛ばして、立体のタントラ・マンダラに似た構造物の空中写真もしくはビデオを撮影することもできます。

買うべきもの

お土産について心配する必要はありません。寺院のすぐ外にいる売り子のように、ボロブドゥールにはお土産を買う場所がたくさんあります。古代サイレンドラ王朝文化やジャワ文化を象徴するさまざまな手作りの工芸品を購入できます。

お腹が空きましたか?ボロブドゥールの近くには、屋台、地元のレストラン、カフェなど、伝統的な料理や各国料理をお楽しみいただけるレストランがたくさんあります。

リクパン

スラウェシ島の最北端のマナドからわずか48kmにある美しい地域、リクパンは、訪問者に多くの魅力を提供しています。

likupang

インドネシア旅行の5つの重点観光地に、この素晴らしいエリアを含めないわけにはいきません。ここには美しいビーチがいっぱいあります!

見るべきもの

リクパンを訪れるときに最初に頭に浮かぶのは、多くの美しいビーチです。透き通った青い海とまた対照的な、白い砂浜のプリサン・ビーチがあります。また、洞窟の形をしたサンゴ礁を訪れることもできます。リクパンで人気のもう1つのビーチは、心落ち着く自然でリラックスできるパール・ビーチです。

また、プリサン・ビーチ周辺の、プリサンの丘を訪れることもできます。高いところから海を見下ろすことができ、絶対に見逃せないパノラマビューです。

やるべき事

素晴らしいリクパン旅行のアイデアは、リクパン中を巡る島巡りです。最高に澄んだ水と、心落ち着く雰囲気があることで知られています。リハガ島やガンガ島などの島も訪れてみてください。住民がいないため、シュノーケリングや水生生物を楽しむためには最適な場所です。

また、独自のリクパンのアトラクションがある西部の漁師の村、バホイ・ビレッジ・エコツーリズムを訪れることもできます。ここでは水上からでも、水の中のカラフルな魚や手付かずのサンゴが見られます。また、マングローブ林もあります。

買うべきもの

リクパンで伝統的な食べ物を楽しみながら時間を過ごすのは最高です。人気のリクパン料理の1つは、Tinutuan(マナドのお粥)です。ベースはお粥ですが、カボチャのスライス、サツマイモ、スイートコーン、ほうれん草などが入っています。

普段、鶏肉や牛肉や魚に使われる、リチャリチャ(Rica-rica)ソースをお試しください。この地元の調味料は、トマト、チリ、ニンニク、エシャロット、しょうが、を混ぜ合わせてココナッツオイルで調理し、さらにライムスライスと混ぜ合わせたソースです。本当にスパイシーで美味しく、ボリュームたっぷりのランチタイムの食事に最適です。

マンダリカ

ロンボクの中心部にある究極の楽園、マンダリカは、透き通ったインド洋に面した美しい白い砂浜の広範囲にわたるエリアです。とても魅力的で、レジャーやリラクゼーションに浸ることができます。

mandalika

ここには、隣接するバリ島にも匹敵する活気と豪華さがあります。また独自の文化で満たされており、絶対行くべき観光地リストに入れる価値が十分にあります。

見るべきもの

島の生活のリラクゼーションの本拠地として、マンダリカ周辺をチェックするのに最適なのは以下のビーチです。マンダリカ・ビーチ、タンジュン・アン、クタ、グルプック、スレンティンおよびセガール・ビーチ、およびその他の多くのマンダリカ観光スポットが含まれます。波は砂浜に優しくぶつかり、信じられないほど耳に心地よく魅力的です。

外から見て美しいだけはでなく、マンダリカ周辺の多くの場所ではシュノーケリングをして水中の美しい生物を見ることもできます。訪問すべきもう1つの素晴らしいスポットは、上からロンボク島の最高のパノラマを見下ろすことができるメレーゼの丘とバトゥ・パユン・ビーチです。

やるべき事

最高のマンダリカ旅行にするためアイデアの1つは、ビーチのリラックスした雰囲気だけでなく、このエリア全体にある豪華なスパで活力を取り戻すことです。バーやナイトクラブのように活気に満ちた楽しい場所で友達と楽しい時間を過ごせるマンダリカのアトラクションもたくさんあります。

シュノーケリングやビーチできる多くのウォータースポーツをお楽しみください。また、ほとんどのビーチの周辺では釣りを楽しむことができます。太陽が地平線に沈みゆく夕刻まで滞在することを忘れないでください。また、島々を巡ったり、伝統的な村を散策することもできます。

買うべきもの

マンダリカ周辺にはたくさんの買うべきもの、お土産などがあります。さらにおすすめなのが、島じゅうで食べられるマンダリカの伝統的な料理です。島の先住民であるササック族の料理を食べることは絶対に外せません。

燃えるようなサンバルとサテ・レンビガ(串焼きのグリルビーフキューブ)は、味覚を楽しませるためのユニークな工夫です。バビ・グリン(ローストポーク)は、しばしば蒸しご飯のサンバルと組み合わせられます。べバルン(ビーフスープ)、ジャックフルーツカレーであるサユール・ナンカもぜひお試しください。タリワンのローストチキンも辛くて美味しいです。

ラブアン・バジョ

フローレス島の輝く宝石、ラブアン・バジョは、東ヌサトゥンガラにある理想的な旅行先です。コモド島があることで、ラブアン・バジョについて聞いたことがあるかもしれませんが、ラブアン・バジョはそれだけではありません。

labuan bajo

有名なパダール島など、探索できる島は他にもあります。丘と手付かずのビーチから成る素晴らしい景観を楽しみ、地上の楽園のように感じることができます。

見るべきもの

ユネスコの世界遺産のコモド国立公園を訪れ、雄大な古代の捕食者であるコモド・ドラゴンの生息地を目撃してください。ラブアン・バジョはコモド・ドラゴンだけでなく、国立公園では陸上と水中の両方に、その他魅力的な野生生物が生息しています。

周辺の島々をアイランド・ホッピングし、ラブアン・バジョの最高のスポットを訪れ、一生に一度の最高の冒険のために備えましょう。パダル島、ケロール島、ギリ・ラバなどのラブアン・バジョ近くの島々の地上の楽園を訪れ、自然と一体になることをお楽しみください。ラブアン・バジョはどこもインスタ映えスポットなので、わざわざ遠いところを探す必要はありません。ゴージャスなピンク・ビーチから魔法のクリムトゥ湖、隠れたランコ洞窟まで、あらゆる場所がインスタ映えです。

やるべき事

ラブアン・バジョのアトラクションで様々な楽しめる物があります。ラブアン・バジョの旅行プラン最高のアイデアは、島自体を探検し、壮大な景色を眺めることです。エキゾチックな村ワエ・レボの地方文化や、チャガル村の壮大な田園についてぜひ学んでみてください。ベナ・トラディショナル・ビレッジで学ぶことのできる非常に奥深い巨石の歴史もあります。

それ以外にも、もちろん、マンタポイントでのダイビング、ビーチ沿いの散歩、丘をトレッキング、手付かずの島の探索など楽しめるものがたくさんあります。

買うべきもの

他の場所では見つけることのできない、最も独特なラブアン・バジョのお土産として、伝統的なフローレス・ソンケットを購入するチャンスをぜひお見逃しなく。フローレスの人々は熟練した彫刻者なので多くの彫刻製品を見つけることができ、ラブアン・バジョで購入できる工芸品はたくさんあります。

コーヒー好きの人にとっては、エキゾチックで伝統的なフローレス・コーヒーも見逃せません。このコーヒーは、フローレス高地のほとんどの地域で栽培および生産されており、独特で素晴らしい味でよく知られています。ラブアン・バジョにはまた、伝統料理を提供するレストランも数多くあります。

 

素晴らしいインドネシアのこれらの5つの宝石は、きっと一生に一度の機会を提供するでしょう。あなたが求めているものは何ですか?2020年を忘れられない1年にするために、インドネシアで、タイムトラベル体験、壮大な景色、その他冒険などをお楽しみください!