production
go-explore

5つのワクワクするアイデアで、より健康的な休日をお楽しみください

 

パンデミックが始まって以来、人々は自分自身だけでなく愛する人を守るために家に閉じこもるようになりました。その結果、体重が増えてしまうことも珍しくありません。また、一日中家にいると精神的に参ってしまうという人もたくさんいます。このパンデミックが終わった後、健康的な休日を過ごす方法はあるのでしょうか?もちろんあります。この記事では、素晴らしいインドネシアでの休暇をより健康的で楽しいものにするための5つのワクワクするようなアイデアをご紹介します。

 

1 | トバ湖のシピソ・ピソ滝で朝の散歩

a view of Sipiso-piso Waterfall

トバ湖を訪れるなら、湖の北部にあるシピソ・ピソ滝を早朝に散歩する計画を立ててください。この滝はインドネシアで最も高い滝のひとつで、高さは120mあり、カロ高原の地下河川がトバ湖のクレーター側の洞窟を通って流れてきたものだと言われています。

この光景を存分に楽しむためには、急な坂道を下る必要があります。しかし、約500段の階段があるので、安心して目的地にたどり着くことができます。大変そうですね。でも、これこそが楽しい健康的な休日の過ごし方です。

 

2 |  ボロブドゥールのダギの丘の自然の中でのヨガで元気を取り戻す

people doing yoga in Dagi Hill

東ジャワのマゲランにあるボロブドゥール寺院周辺は、健康的で刺激的な休日を過ごすのに最適な場所で、特にヨガをするのが好きな方にはお勧めです。寺院の階段を上るだけでは簡単すぎると感じたら、ダギの丘に登ってみてください。ボロブドゥールの北西に位置するダギの丘は、自然の中で穏やかな風に吹かれながら寺院の景色を楽しむことができる、この地域で最高のスポットとして知られています。

この場所は散歩に最適なだけでなく、広々としたスペースで自然の空気を吸いながらヨガをすることもできます。最高の体験をするためにはマノハラ・ボロブドゥールにも宿泊することをお勧めします。ボロブドゥール寺院のエリア内にある唯一の宿泊施設で、ボロブドゥールの早朝サンライズとダギの丘でのピクニック朝食が一つのパッケージになっています。

 

3 | マンダリカのスパイス・マーケット・レストランでチキン・タリワンを一口

a plate of Ayam Taliwang

ロンボク島への旅行中にアヤム・タリワン(ロンボク風のスパイシーなローストチキン)をたくさん食べたいですか?それならクタ・マンダリカ地区にあるスパイス・マーケット・レストランがお勧めです。ノボテル・ロンボク・リゾート&ヴィラズに併設されたこのレストランでは、朝食、ランチ、そして日替わりでテーマに沿ったワールドクラスのメニューをビュッフェ形式で楽しむことができます。マンダリカ・ビーチを一望できる居心地のよいビーチリゾートレストランで、120人収容可能です。

また、スパイス・マーケット・レストランはインドネシア・ムスリム委員会が発行するハラル証明書を取得しており、すべてのムスリム観光客がここでハラル料理を手軽に楽しむことができるようになっています。マンダリカ・ビーチから徒歩7分の場所にあり、アドレナリンを出すためにいい波を探した後、ランチやディナーにヘルシーで栄養価の高いアヤム・タリワンを食べることができます。

 

4 | リクパンのガンガ・アイランド・リゾート&スパでダイビング体験をする

北スラウェシのリクパンは海外からの旅行者にはあまり知られていない場所かもしれませんが、インドネシアで最も美しい場所の一つであることは間違いありません。ダイビングと豪華な宿泊施設を一緒に楽しみたい方はぜひガンガ・アイランド・リゾート&スパにお越しください。

リクパンの北に位置するガンガ島にあるガンガ・アイランド・リゾート&スパはジャングルに覆われた丘のふもとに位置し、高い天井とビーチを見下ろす大きなバルコニーを備えたエレガントな家具付きの木製バンガローで訪れる人を魅了します。また、ガンガではインド洋と太平洋の両方の海に生息する多種多様な海の生物に触れることができるため、ダイビング愛好家にとって安住の地のひとつとして知られています。さらにこのリゾートはバンカ島、ブナケン国立海洋公園、レンベ海峡のダイビングスポットの出発点としても理想的で、水中写真家にも人気のスポットです。

ダイビングをしない人でもガンガ・アイランド・リゾートの風光明媚な白い砂浜、大きな海水プール、伝統的なスパ、間違いなく高品質のサービスを堪能することができます。海岸線に沿ってジョギングして、目の前に広がる無限の水平線を見ながら、ここでのビーチエクササイズの最後のセットで一息ついてください。

 

5 | ラブアン・バジョのフローレス・スパで若返り体験

健康とは、肉体的な健康だけではなく、精神的な安定も重要です。ラブアン・バジョを訪れ、心と体の若返りを図りたい方は、フローレス・スパを訪れてみてください。ジャラン・スカルノ・ハッタ(コモド空港の近く)にあるこのスパでは、お客様のニーズに合わせて様々なマッサージやセラピーを提供しています。

竹でデザインされた外観のスパで、マッサージ、フェイシャル、スクラブ、イヤーキャンドルなどのトリートメントを受けることができます。さらに、日焼けやダイビング後のケアに特化したトリートメントも用意されています。ラブアン・バジョのフローレス・スパはまさに必要なものを提供しているので、冒険のアフターケアについて心配する必要はありません。

 

 

これらの5つのアイデアは一見単純そうに見えますが、間違いなく健康的な休日をさらに充実させるための良いスタートとなるでしょう。最後になりましたが、健康的な休日をより有益にするために、CHSE(清潔、健康、安全、環境の持続可能性)を遵守することを強くお勧めします。