production
go-explore

インドネシアで訪れるべき人気の観光地10選!

インドネシアは魅力あふれた無数の観光地に恵まれた素晴らしい場所です。数多くのエキサイティングな観光スポットと独自の文化哲学を有し世界中で愛されている多くの場所があります。初めてインドネシアを訪れる場合は、まずこれらの観光地に行って最大限に旅行体験を楽しむことをお勧めします。ここでは絶対に見逃せないインドネシアの10か所の素晴らしい観光地をご紹介します。

 

#10 位 ロンボク島(西ヌサ・トゥンガラ州)

boats in Gili Islands

バリ島の隣にあるロンボク島も、その美しさは負けてはいません。ロンボク島には、リンジャニ山の驚くほどの高さ、マンダリカの爽快な海岸線、ギリ島ののんびりした雰囲気など、息をのむほどに素晴らしいものがすべて揃っています。ロンボク島の見どころをたくさん知って、南国での休暇を満喫してください。

 

#9 位 トバ湖(北スマトラ州)

lake toba

この巨大なクレーターが世界規模で環境に影響を与えた古代の噴火によって形成されたという事実に驚かないなら、その周辺の地域社会で形成された文化や伝統に触れてみてください。トモック村やシマニンド村を散策したり、湖の真ん中に浮かぶサモシール島を探検したりして、トバ湖の美しさを目の当たりにできる見晴らしの良い場所を見つけましょう。

 

#8 位 ラブアン・バジョ(東ヌサ・トゥンガラ州)

Rangko Cave in Labuan Bajo

コモドドラゴンの自然生息地へ向かう玄関口として知られていますが、実はそれ以上の魅力があります。フローレス島の最西端に位置する港町ラブアン・バジョは、夕日の街としても知られています。ここでは様々な場所から夕暮れの素晴らしい景色を眺めることができます。また、鏡の洞窟、ランコ洞窟、チュンチャ・ラミとチュンチャ・ウランの滝、プンチャック・アメリアなど、興味深い観光スポットがいくつもあります。

 

#7 位 コモド国立公園(東ヌサ・トゥンガラ州)

komodo

3つの大きな島と26の小さな島々からなるコモド国立公園は、ラブアン・バジョからボートでわずか数分の距離にあります。この地域に一歩足を踏み入れると、まるで地球を飛び出して、もっと美しい場所に来たような気分になります。パダール島の高台に行き島全体を背景に記念撮影をする。コモド島のピンクビーチに寝そべって、絵のように美しい景色を楽しむ。リンチャ島でコモドドラゴンに会う。どれを選んでも、きっと価値のある瞬間になるはずです。

 

#6 位バンドン(西ジャワ州)

Situ Patenggang in Ciwidey

西ジャワ州の州都であるバンドンは、心地よい涼しい風とロマンチックな自然の魅力に出会える場所として知られています。コーヒーショップでぶらぶらするのと同じくらい簡単なことで多くのリフレッシュを得ることができます。完全なリラクゼーションが必要な場合は、ランチャバリ・レイクサイド・グランピングを訪れたり、チウィディのシトゥ・パテンガンに宿泊したり、チコレ・オーキッド・フォレストを散策したりすることもできます。また、文化的なエンターテイメントが好きな方はサウン・アンクルン・マン・ウジョに立ち寄ったり、パリ・ヴァン・ジャワやパスカル23モールで買い物をしたりすることもできます。

 

#5 位 ボロブドゥール(中部ジャワ州)

borobudur

西暦780年頃および840年頃に建てられたマゲラン市ボロブドゥール寺院は、インドネシアで最も人気のある観光地の1つです。シャイレーンドラ王朝の栄光の時代の歴史を描いた2,672枚のレリーフパネルと504体の仏像を見ることができます。またパウォン・ルワックで評判のルワックコーヒーを飲んだり、ボロブドゥール・シルバーでお土産を買ったり、アマンジウォで郷土料理を食べたりと、周辺の見どころを体験することも可能です。きっと、忘れられない旅になるでしょう。

 

#4 位 ジョグジャカルタ(ジョグジャカルタ特別州)

prambanan

16世紀から17世紀にかけてマタラム王国の支配下にあったジョグジャカルタは、その歴史を守り続けインドネシアで重要な文化的中心地のひとつとなっています。この芸術的な街を散策し、生きた博物館のようなクラトンから、活気ある伝統的なマーケットストリートのマリオボロまで、様々な楽しみを味わってください。gudegグドゥッ(ジャックフルーツの甘い煮物)やbakpiaバッピア(緑豆のパイ)などの郷土料理も忘れずにご賞味ください。ジョグジャカルタにはまだまだたくさんの見どころがありますので、ぜひ効率よく旅行計画を立ててみてください。

 

#3 位 ラジャ・アンパット(西パプア州)

Raja Ampat in West Papua

インドネシアの最東端に、ラジャ・アンパットというと呼ばれる群島の楽園があります。多くの人がそこに行くことを夢見てきましたが、実際に叶えた人はごくわずかでした。だからこそ手つかずの美しさがあり、心地よさを感じることができます。名前が示すように(ラジャ・アンパットは「4人の王」を意味します)、ここには小さな島々に囲まれた4つの主要な島があります。ミソール島ワイゲオ島、バタンタ島、サラワティ島です。その他のピアイネモ、ワヤッグアルボレック島のような小さな島も言葉を失うほど素晴らしい景色を眺めることができるため感動がとまりません。ぜひ一度ご自身の目で確かめてみてください。

 

#2 位 ジャカルタ

National Monument in Jakarta

もし首都ジャカルタに到着する予定なら、きっとその旅を最大限に楽しむことができます。ジャカルタはその喧騒に忙殺されている大都市のように見えるかもしれませんが、実はこれまで紹介した観光地にも劣らないエンターテイメント性を持っています。まず、コタ・トゥア地区とファタヒラ博物館に立ち寄って、オランダの植民地時代の雰囲気が残されているのを体感できます。またナショナル・モニュメント、現地の人々が言うモナスに立ち寄って、街の中心部にある歴史的なランドマークを鑑賞することができます。露店や小さな隠れ家的レストランなど、ストリートグルメもお見逃しなく。また、ジャカルタの北にある小さな群島、サウザンド諸島(クプラウアン・スリブ)のビダダリ島、マチャン島、ティドゥン島などへボートで行けば、南国の楽しさを味わうことができます。ぜひご自身で体験してください。

 

#1 位 バリ島

bali

#ItstimeforBali海外旅行者のインドネシアでの旅行先候補No.1はバリ島です。この神々の島が クリスマス年越し食の冒険ラグジュアリーな旅行、興奮を追い求める旅など、あらゆる休暇のシーンにぴったりの場所であることは誰も否定できないでしょう。そこには無数のビーチ、静寂に包まれた避暑地、長い間守られてきた文化の中の豊かな哲学、数え上げればきりがないほど、あらゆる人が求めているものすべてを備えています。ひとつだけ確かなことがあります。バリ島は今も、そしてこれからも、誰もが故郷と呼ぶことのできる場所です

 

私たちがお勧めする10の旅行先をすべて見た後は、今度はあなたが賢く選択する番です。あなたはどの旅行先に行って人生を変えたいですか?計画を立てて、早く実現させましょう。航空券を予約する前に、インドネシアへの渡航規則を確認し、必要な条件を満たしていることを確認してください。また、公共の場ではマスクを着用する、社会的距離を置く、頻繁に手を洗うなど、健康的な習慣を実践することをお勧めします。旅先でも責任ある行動を 取り、楽しい休暇をお過ごしください。