production
go-explore

インドネシアのビザ申請はe-Visaでより速く、より簡単に

 

インドネシア政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染の拡大を防ぐため、デジタル公共サービスの導入などの革新的な対応を継続的に活用しています。インドネシアの法務人権省では、特にパンデミック時にアクセスを容易にすることを目的とした電子ビザ(e-Visa)申請システムを開始しました。

電子ビザ(e-Visa)申請システムは、パンデミック後にインドネシアへの訪問を希望する将来の外国人観光客の手助けにもなり、インドネシアの観光と創造経済の発展にプラスの影響を与えます。一方、安全な観光地については健康プロトコルを遵守して準備が進められています。

このサービスの開始により、外国人はパスポートにビザステッカーを貼るために国外のインドネシア共和国代表または国内の入国管理局を訪問する必要がなくなりました。インドネシアに入国するには、この電子ビザ(e-Visa)申請システムを介してオンラインでビザを申請する必要があります。

 

インドネシアの電子ビザ(e-Visa)の申請手順は次のとおりです。

1. https://visa-online.imigration.go.id/ にアクセスします

2. 登録

 -データを入力し、必要な書類をアップロードします(個人/企業)

 -ユーザー名とパスワードを含むメール通知を待ちます

3. ビザの申請

- ユーザー名とパスワードを使ってログインします

- 申請するビザの種類を選択してデータを入力し、必要書類をアップロードします。

- PNBPの支払いを行う(データや書類に間違いがないことを確認してください。申請が却下された場合、支払いは返金されません。)

- 申請が承認された場合は、メールで通知が送信されます。



電子ビザ(e-Visa)の申請は、申請者がどこにいても提出できます。確認プロセスは2営業日と迅速に行われ、その後ビザが申請者に送られてきます。役所の手続きを削減するために、申請者と身元保証人は直接出向く必要はなく、ビザは電子メールで直接送信されます。外国籍の方(WNA)が電子ビザ(e-Visa)を取得すると、すぐにインドネシアへ渡航することができます。

インドネシアビザの申請のしやすさは、パンデミック後の観光・創造経済部門の回復を促進するために重要な役割を果たすことになります。このイノベーションにより、インドネシアの観光地を訪れる観光客の数はパンデミック後も増加すると予想されています。