production
go-explore

ジョグジャカルタ

決して終わらないアジア。

 

ジョグジャカルタは双子都市スラカルタ(ソロ)と並ぶジャワ島の文明発祥の地です。 8世紀から9世紀にかけボロブドゥール寺院プラムナン寺院を建てられ、16~17世紀にはマタラム王国が実権を握りました。

ジョグジャカルタはその無限の魅力から "ジョグジャ-悠久のアジア(Jogja The Never ending Asia)"という合言葉で親しまれています。 今日ではその特別な価値から "別格のジョグジャ(Jogja Istimewa)"としても知られるようになりました。

この都市はインドネシアを代表する文化遺産の一つです。 王宮民族博物館かクラトン(スルタン王宮)の散策から有名なアルンアルンAlun Alunに立ち寄り、コタゲジェKotagedeで鍛冶職人によるジュエリー加工を見学し、マリオボロMalioboroで買い物するのもいいでしょう。
近隣の町マゲランにあるプラムバンPrambananやボロブドゥールといった有名な寺院で日の出を鑑賞するのも、この小さいながらも賑やかな街で尽きない素晴らしいレジャーのひとつです。

 


 

芸術の都ジョグジャでは5つの魅惑体験があなたをおもてなしします。まずは美しいビーチや光景を眺めながら大自然を満喫することから。 ビーチはParangtritis、Indrayanti、Pok Tunggal、Siung、Krakal、Joganなどが有名です。
またPuncak Becici、Pinus Pengger、Jurang Tembelanは、ジョグジャカルタでも有数の息をのむ原始林地帯です!

お食事の際はジョグジャを代表するジャワの伝統料理グドゥッGudegをお忘れなく。伝統菓子のバクピアは豊富なフレーバーからお土産にも人気です。のどを潤したいとき、自然療法に使用される古代から伝統の続く天然ハーブミックス飲料ジャムゥJamuを是非お試しください。

バティックはジャワ語のambaとtitikという言葉に由来するろうけつ染め布地の特産品で、インドネシア国宝に指定されています。ジョグジャカルタの伝統は明るい白をベースにしたバティック模様でパラン・クスモParang Kusumo、カウングKawung、トラントゥムTruntumなどのモチーフが有名です。それぞれの模様には固有の哲学があり、その意味やルーツを探るのも良いでしょう。


 

バティックはバティック・トゥリス、バティック・キャップ、バティック・プリントそしてその混合生地からお好みの生地をお選びいただけます。100%手描きで染色されたバティック・トゥリスが最高級にあたります。絹生地の品質次第でさらに高価になります。バティック・トゥリスは下絵からロウ付け、色付けまで全て手作業のためデザインやサイズ次第では数ヶ月かかることも。
ワヤンWayangもまたジョグジャカルタ発祥の有名な文化遺産です。Wayang Kulitという革人形の影がスクリーンに照らされ、ダランDalangや人形師の影で劇を演じます。ワヤン・オランWayang Orangは、伝統衣装を纏った男性と女性による古くからの言い伝えを描いた演劇です。

ジョグジャカルタの観光村でも魅力的な体験をご用意しています。テンビTembi、ペンティグラシPentingsari、ングランゲランNglanggeranからまずは訪れてみてください。地元の人々の生活に触れ、ガムラン演奏、ジャヌール織り、ジャワの伝統舞踊などぜひ挑戦してみてください!


 

ジョグジャカルタは探検にももってこいの場所です。 まずはメラピ山国立公園を散策し、自然美を残す古代の火山であるングランゲラン山でのハイキングやジープの旅をお楽しみください。
シウンビーチSiung Beachでのロッククライミング、ゴア・ピンドルGoa Pundulでの洞窟探査、そしてジョムブラン洞窟Jomblang caveの素晴らしい洞窟探検体験も欠かせません。
ジョグジャカルタは実に豊富なアクティビティが楽しめる都市です。 バリに次ぐインドネシア最大の観光スポットと言って過言ではないでしょう。

 

行き方

飛行機で 

ジャカルタスラバヤバリからジョグジャカルタのアディスチプト国際空港へ毎日たくさんの便が運行しています。

陸路で
ジョグジャカルタと周辺の主要都市を結ぶ鉄道が整備されており、定期的に運行しています。 またバスや自動車でも比較的簡単にアクセスできます。

 

散策する

ジョグジャカルタを観光する際の交通手段はいくつかあります。徒歩は日中暑くなることがあるものの、観光スポットを訪れ、地元の人々と触れる素晴らしい方法です。街の中心部を歩いて、Malioboro近辺の多くの観光スポットを覗いてみてください。
地元の交通手段のべチャックというペダル式三輪車も試してみましょう。価格交渉必須です。

ジョグジャカルタの観光地には、アントン(Andong)と呼ばれる伝統的な馬車があります。リラックスとロマンチックを求める旅なら、アントンを使いましょう。
滞在中、車と運転手と一日契約するのもお勧めです。

バイクを運転できる方は市内でレンタルすることができます。タクシーも利用でき、ホテルで手配してもらいましょう。バスも普及していますが、運行時間は限られています。
ジョグジャカルタの魅力を存分に味わうには、ぜひ自転車に乗って田園地帯をサイクリングしてみてください。

ジョグジャカルタからアクセスがしやすい近隣都市にマゲランMagelangとソロSoloがあります。 プントゥック・セトゥンブPunthuk Setumbuへ向かい、別の角度から、朝日とともにボロブドゥール寺院の絶景をご覧ください。ソロまたはスラカルタとしても知られているこの魅力的な宮殿は、グロジョガン・セウ滝Grojogan Sewu Waterfallsで有名です。

 

-7.7971725
110.3740302
11
-7.8311831,-6.914864,-7.9784695,-6.5950181,-7.6545472,-8.0599065,-5.8340435,-7.5134772,-6.1105671,-6.7846891,-7.5591225,-8.0218747,-7.265757,-7.8177991,-8.3322203,-7.5132034,-7.8516316,-6.905977,-5.6106064
114.3853618,107.608238,112.5617416,106.7218508,108.5849494,114.2411312,110.426818,109.9645611,106.1240001,105.3729201,110.7837924,112.9502497,112.734146,110.3801338,113.66097,110.104681,110.5112908,107.613144,106.0564722
バルラン国立公園,バンドン,マラン,ボゴル,パンガンダラン,イジェン噴火口, カリムンジャワ,スマラン, セラン,ウジュンクロン国立公園,ソロ,ブロモ・テンゲル・スメル国立公園,スラバヤ,コタゲデ,バニュワンギ,Magelang Regency,Nglanggeran Tourism Village,チレボン,セリブ諸島
ジョグジャカルタ

What They Say