2016年3月9日起こる皆既日食をどこで見るか 

22 2月 2016

 インドネシアは、日食の影が西から東にこの列島を横切る際の2016年3月9日に壮大な皆既日食を見るために最高のロケーションを提供します。宇宙ウォッチャーのアマチュアとプロの天文学者は、この皆既日食がどこの都市で、最高の観察することができるか、知っておくべきだ。

 気象インドネシア研究所によると、気候および地球物理学(BMKG)は、中部スラウェシ州でLuwukという町で、この日食を垣間見ることできる最長の時間は、約3分(2分50秒)と期待されています。当然のことながら、人は、太陽が隠れてから、また現れるまでの日食を見たいと思うだろう、つまり見ている合計時間は2時間程度である、とkompas.comは報告しています。

しかしながら、2016年3月7日から11日に行うEclipseの祭り、は、Ngata Baruの地区では、セントラルSulawesiの州都Palu、で開催されます。Paluでは、皆既日食は2分4秒間、観察することができます。

 次に、その皆既日食が最も長い間観測できる場所がテルナテ島で、2分39秒観測でき、ハルマヘラ島は2分36秒観測できます。メディアによると、米航空宇宙局(NASA)は、完全にこの稀な現象を研究するため、テルナテ島の小さな島でのキャンプを決定しました。

 BMKGによると、この稀な現象がはっきりと見える(西から東へ通っていく)街は、南スマトラのPalembangであり、1分52秒間見ることができます。Bangka島の東へ移動すると、2分8秒見られて、Belitung 島は2分10秒、次にSampit (2分8秒)、Palangkarayaは2分29秒(この2つはCentral Kalimantanにあります)、East Kalimantan にある、Balikpapanは 1分9秒、Luwuk (2分50 秒)、Central SulawesiにあるSulawesi  は2分40秒、Palu (2分4秒)、Ternate (2分39秒)、でNorth Moluccasにある、 Halmaheraは2分36秒です。


 インドネシアに旅行し、このユニークな現象を見たい人を支援するために、 Indonesia.travel のウェブサイトでは、、太字にマークしてある都市では、ホテルの予約や行き方など、より目的地に関する詳細な情報を見つけることができます。

まだまだ旅行者だらけの観光地とはなっていないため、アコモデーションの数のも限りがあるので、早期に予約することをお勧めします。一生に一回のチャンスを逃さないで!

(ソース : kompas.com)

写真: healwithastrology.com


0

アトラクション

他のニュースやイベント