バンカ・ビリトンから2016年3月の皆既日食を見よう 

27 1月 2016

2016年3月9日、皆既日食という壮大な現象が、最もはっきりと見える場所である、スマトラ沖バンカ島とビリトン島にあるインドネシア群島の大部分を通過していきます。ここでは皆既日食のピークは、いつか起こるであろう西インドネシア時間06:20amから07:24amの間で、2分10秒間垣間見ることができます。

この絶好のチャンスを逃したくない観察者からの熱狂的なリクエストに対応するために、バンカ島とビリトン省の地元当局は、東に直面している約100の観測地点を、用意しています。このまれなイベントを目撃したい人々は、国内外からの観光客で、すでにたくさんの部屋が予約されています。 100以上の客室は、アメリカはサンフランシスコからのグループによって予約されています。

このまれな自然現象を楽しんでもらうため、地方政府は、先行してTanjung PandanとTanjung Kelayang Beachで開かれる、特別な芸術・文化公演を用意しています。これらは、青年スポーツ庁が主催する伝統的なゲーム大会、海水産事務所主催の釣り大会や、インドネシア空軍によるパラシュートジャンプです。

バンカとビリトン島でこの稀なチャンスのため予約してください。以下は、楽しむことができる3日間の旅の日程例です。

 1日目:

パンカルピナンのDepati Amir空港に到着し、Central Bangkaにある、Penyakビーチで、翌日に起こる皆既日食の瞬間のための観測ポイントをチェックしましょう。午後になり、Pangkalpinangの街を散歩し、Pasir Padi Beachで景色を楽しむのには最適な時間です。

 2日目:

この日が壮大な皆既日食の日です。早朝にPenyakビーチに向かう必要があるでしょう。皆既日食を目撃した後、あなたはMie Kobaと呼ばれる伝統的な朝食を食べることができますKobaに向かいましょう。Mie KobaはBangka島の伝統的な麺料理です。またSungailiatにある仏教寺も訪ねてみましょう。

3日目:

この旅を完了させるするために、バンカ島の伝説的に美しいビーチとして知られているMatrasビーチやRemodongビーチを訪ねてみましょう。また、ユニークな伝統的な中国の雰囲気を醸し出しているチャイナタウンKampung Gedongを訪問することで文化的感動も味わえるでしょう。 

0

アトラクション

他のニュースやイベント