VISIT [email protected] : ASEAN (東南アジア)をシングル目的地としてプロモートして連合する

24 3月 2016

3月に2016Internationale Tourism-Borse(ITB) 、ベルリンに参加している東南アジア連合(ASEAN)10ヵ国は地域を訪問するために世界を越えて観光客を引きつけるVisit [email protected]ロゴと計画を全体的に起動した。ASEAN観光旅行協会(ASEANTA)によってASEANの魂と目的地を一つにしたASEAN公約をマニラ1月に公開。

ブランドVISIT [email protected]2016年のドイツで示す評判が高いITBベルリンのタイのパビリオンで発表されて、全ASEAN国の各々の国家元首ならびにカンボジアの国務長官のSomaraITBベルリン責任者のDavid Ruetzが出席した。

Visit [email protected]の開始はASEAN50回目の記念日と時期が同じだ。アリフ・ヤヒヤ、(インドネシア観光省大臣)は報道官としてASEAN Economic Community 2025の設計図が現在ASEAN地域の観光旅行競争力を含む開発中であると説明した。

2015年のASEAN地域への旅行者の増加が5%に達すると大臣アリフ・ヤヒヤは言った。そして、2015年と比べて国連世界観光機関(UNWTO)によって言及されるように世界観光旅行成長平均は4%しかない。ASEAN地域の観光旅行セクターがさらにより強い成長を示すとUNWTOも考えた。

2または3カ国が一つの旅行パッケージに提案時から、Visit [email protected][email protected][email protected][email protected][email protected]うに、観光客にはより幅広い選択を提供する。

一方、タイ観光旅行当局の代理上級総督、Jutaporn RoengranasaVISIT [email protected][email protected]2017年までに12500万人のASEAN外観光客がASEANを訪問すると予測する。2017年までに12500万人の観光客を歓迎する予測が決して格好の標的でないと、Jutapornはさらにコメントした。したがって、広範囲に行われなければならない共同の昇進とキャンペーンを必要とする。ASEAN国の魅力の巨大な多様性が確かにキャンペーンの一番上のベストセラーの1つであると、彼も付け加えた。

一方、ASEAN国の観光客の平均的収容期間の目標は、複数の国にいけるように6­7日まで広げられた。ヨーロッパでのように、7日間で観光客に1つの休日の間で3カ国へ行く機会を与えることができる。

ITBベルリンのディレクターのDavid Ruetzは一つの目的地としてのASEANの概念が100%働くと確信していた。ITB自体が50年以上経歴あるITBベルリンイベントに発表されたから、その可能性が上がると、彼は付け加えた。

発表イベントでインドネシアはWayang Kulit(革の人形芝居)Wayang Golek(木の人形芝居)の影響を受ける伝統的なジャワのダンスの振付けと、北スマトラのBatak民族のTor­Torの伝統的な音楽を融和させるGondang Batakダンスを提供した。パフォーマンスは観衆の心を奪って、大拍手を受けた。


参照:antaranews.com

写真:antaranews.com

0

他のニュースやイベント