タンボラチャレンジと2016年魅惑的なタンボラ祭り

24 3月 2016

昨年の成功に因んで、タンボラチャレンジは再び201641116日に行われるFestival Pesona Tambora (Enchanting Tambora Festival)としてハイライトされる。

西Nusa Tenggara行政区やKompas Dailyと協力して観光省援助で、魅惑的なタンボラ・フェスティバルは西Nusa TenggaraSumbawa島でタンボラ山麓にDoro Ncanga辺で中心になった。

タンボラ山は北Sumbawa島にある世界の多くの地域で広範囲にわたる荒廃と気候例外を引き起こして1816年に激しく噴火した火山だ。

その出来事の記念として、そして、再開発のためのきっかけにするように、この祭りは文化

祭を見せる。例えば、ラウ伝統的儀式や芸術と文化パフォーマンスやタンボラ文学祭、サトンダ島の映画祭や美術展示や海に関するセミナーやリンジャニ山をジオパーク国際化やハラル観光議論を見せる。

メインとしてタンボラ運動チャレンジイベントはいくつかのとても挑戦的な屋外のおよびスポーツ競争を開く。究極なトラックチャレンジを楽しむ人に、タンボラ・ウルトラ・ランとウルトラ・マラソン(320Km100Kmのカテゴリー)があった。走る距離と地形から見ると、320Kmのウルトラ・ランは東南アジアで最長で最も挑戦的な競争の1つ。タンボラ山を走った競争のトレイルランもある。そして、それは25Km50Kmのカテゴリーに分けられる。

タンボラチャレンジはサイクリストをSumbawa島の素晴らしい自然な景色を通ってる刺激的なルートのタンボラバイクキャンプに連れて行く。サイクリングとキャンプを結合して、ルートはTaliwangから始まって、Sumbawa Besar、モヨ島へ、DompuにあるDoro Ncanggaに終る。

ロンボク島-フロレス島の間、西Nusatenggara省のSumbawa島の北端の近くであるタンボラ山は記録された歴史上で最大で最も致命的な火山噴火サイトとして世界に知られている。北スマトラのトバ湖の大噴火は地球を610年の火山の冬を生み出すと思われていて、1883年のKrakatau山の噴火は近代史上に最も大きい音を出して、1816年のタンボラ噴火は今日「Year Without Summer」として永遠に記憶されていて、世界的なエピソードを作って、19世紀で最悪の飢饉に繋がった。

2004年に考古学者ハラルデゥル・シグルッソンは、火山に小さな村の残りで約10フィートの灰に埋められる2人の大人の保存された身体を発見した。ポンペイ市を破壊した79年にイタリアのベスビオ山の噴火と同じようなこの発見でタンボラ山のあだ名に「東のポンペイ」になった。

地震学者、火山学者、考古学者、生物学者と他の科学者を引きつけることの他、タンボラ山の挑戦的なトラックを征服するスリルを楽しむ世界中から登山家の第一の目的地として知られている。


詳細な情報:tamborachallenge.com

0

アトラクション

他のニュースやイベント