「ウロス」と呼ばれているバタクの手作り布

18 8月 2016

北スマトラ州にあるトバ湖のバタク民族、他のインドネシアのミュニティーにとって、「ウロス」と呼ばれている手作り織物は衣服向けの布だけではなく、ステータスシンボルの代表格や宝物や出産と結婚から死者までの人生のライフサイクルの儀式中に儀式の贈り物などとして使われている。


伝統的に、織りは女性の仕事ですが、男性は織ってはいけなく、女性は織る間に家族や子どもたちや地域社会などの世話にする役割の女性に関しているシンボル値を布に鼓吹すると信じている。それに対して、男性の仕事は家族と村を守ることだ。


そのために、女性は家や子供に貢献しながら時間が空いた時に織るため、完了するまでに数ヶ月かかる。バタクの織物は、主に綿糸を使い、色が植物染料で糸を浸漬することにより作られる。青はインディゴから、赤は熱帯地方で豊富に成長スオウとモリンダから作られている。

黄色はウコンから作られ、ブラックはインディゴとモリンガを混合することにより製造され、緑はインディゴとウコンのミックスだ。


ほとんどのウロスは青、濃い赤、黒、白の中でいずれかの背景を持っている。白は純度、黒は永遠、赤は勇敢さを示している。


織物はバックスタラップまたはボディテンシオン織機で織っていり、張力でバックストラップにもた座っウィーバーの重量によって作成された。そのために、織物のサイズはウィーバーの腕のサイズと同じ幅にする。


近代化により、ATBM (機械ではない織機) あるいは非機械化直立織機と紹介されていた。観客者に販売されていることや現代のデザイナーのドレス向けにもっと安い織物を作るために、綿糸は自分で作られなく、店で買い、色も合成着色料を使うことになった。ウロスの種類の中で、一番よく使われているウロスのはウロスシボランだ。これはライトブルーの矢印パターンを有する青色ウロスです。このウロスはセセレンダンと呼ばれ、肩ショールというサロンとして使用されている。


ウロスラギホタンという籐布は結婚式で使われ、ウロスが新郎の両肩の周りにドレープしている時、籐のように強い夫婦結合と持続で結婚は長くなる。そして、ウロスラギホタンは男の赤ちゃんの誕生でも使われている。このウロスは通常、美しくデザインされた幅広いエッジでタッセルで完成した。


ウロスラギヒデュップ(または生活のパターン)が、一方で、特別な儀式に男性と未亡人によってのみ着用することができるものだ。この美しいウロスは主な赤フィールド(またはバダン)での上部と下部の両端に2つの白いストリップで飾られる。2つの赤いストリップは作品全体に縫い付けされていて、大きなULOSになった。


現在、トバ湖の周りには、家の前で織りている女性があまりいないです。しかし、伝統的なウロスはトバ湖の北西部にあるシテルフタと呼ばれているトンギン、パロポ、シララヒ(3つの村)でまだ作っている。しかし、商圏はプマタンシアンタルまたはバリゲにある。また、トモコまたはトゥクトゥクでウロスを売っている土産物店或いは工芸品の屋台が簡単に見つけることができる。


そのために、ウロスを買う時、材料の質感をはっきり見る必要はある。材料の質感はしなやかで滑らかである場合は、合成染料でマシンによって作られているに対して、オリジナルの織物は触っていると、荒いと感じる。オリジナルの織物は安いものではない。


0

他のニュースやイベント