バタクの美術館とトバ湖の岸のテ.ビ シララヒセンター

18 8月 2016

素晴らしいト北バ湖の岸にあるテ.ビ シララヒセンターはバタク美術館があり、テェ バタクスと呼ばれている北スマトラの先住民の民族集団の文化的価値を守るエリアだ。


このエリアはバリゲ町のシララヒ村のJl. PagarBatu No.88にあり、北スマトラ州のメダンから250キロ程に位置している。このエリアは北スマトラ州とインドネシアの歴史の中で大切な人になっているバタク人のティオパン ベルンハルッド シララヒによって設立された。シララヒさんが1993から1998にかけて政府官僚改革の大臣として務めていたが、現在は軍事や防衛に関している大統領の相談会のメンバーになっている。


このエリアの真ん中にはアルミ外装と強調モダンなデザインで飾られていて、伝統的なゴルガの動機に未来的な感じを伝える珍しいバタクの美術館がある。




正式に2011年1月18日から公開され、昔から高い文化的価値を持っている民族バタクと信じっている概念をもとにこの美術館が設立された。バタク族は自分の書き込みや話し言葉やダリハンナトルという伝統的な民主主義の原則に限らず一族や家族の名前の使用を持っているという事実によって証明されている。深い文化として知られているすべてのこれらの値はいつも関連し、動的変化に適応している。その上に、この美術館はバタクトバ、バタクシマルングン、バタクマンダイリング、アンコラ、バタクパパック/ダイリ、バタクカロといったバタクの氏族の統一シンボルとして機能している。

美術館は3階建てに分割され、1階に様々な本物の伝統的なバタクの石の彫刻の展示エリアのオープンスペースがある。2階へ行くと、お客さんが中庭とトバ湖の壮大な景色を見える。そして、そこにもバタクの伝統的な価値観の象徴として立っている7メートルのシ.ラジャ.バタクまたはバタクの王の颯爽の銅像がある。彫像はバタク人の物理的なキャラクターを表し、美術館での特別なアイコンです。


2階と3階は美術館の展示会エリアです。そこはすべての貴重なコレクションをはじめ、「ウロス」という伝統的なバタクの織物など表示されている場所です。表示されている一番古いウロスは500歳以上と信じっている。古代バタクの経典、伝統的な武器、様々な宝石、農業機器、他のコレクションなどを素晴らしいプレゼンテーションでここにも展示されている。美術館は1800年の最古の経典も持っている。


バタクの美術館はインドネシアで最も近代的な美術館の一つとして考えられている。

各ディスプレイ上の解釈のラベルはコレクションについてインドネシア語と英語で簡潔な説明ですが、明確な説明です。テ.ビ シララヒセンターの付近にある面白い観光スポット、例えば; 3つのルマー「家」と3つのソポス「ストレージ構造」という典型的なバタク族の家、ルマーボロンとルマーバタクの実際のレプリカという伝統的なバタク村のようなフタバタクというテ.ビ シララヒセンターの個人的な野外美術館のみならず、コンベンションホール、スイミングプールもある。そして、レストラン、カフェテリア、アートショップといったお客さん向けの設備もある。


詳しい説明はこちらをご覧ください:http://www.museumbataktbsilalahicenter.com.

他のニュースやイベント