インドネシア列島伝統的フレーバー料理フェスティバル2016

14 4月 2016

インドネシア諸島からおいしい味のプレゼン、Festival Pesona Kuliner Nusantaraまたはthe Archipelago Culinary Festival 2016が公式にテーマ“国の文化的豊かさの一環としての、諸島の料理名所”を強調しながらジャカルタのMall Artha Gadingで2016年4月14日にオープンしました、このフェスは14日から16日までの間開催されます。

フェスティバルは24州、12都市から料理の多様性を表す65ブースあり、また料理のコミュニティ、料理学校、料理協会、および様々な産業や企業も含まれています。列島各地からの49以上の種類の食品のプレゼンテーションがはっきりと独特の味のそれぞれを表す場として提供されています。インドネシアの人気のコーヒーの品種を展示するコーヒーブースもあり、それらはユニークなアロマやキャラクターを持ち合わせています。

人気の伝統的な料理の料理の中では、西スマトラから世界的に有名なRendangであり、ジョグジャカルタのGudegやジャックフルーツのシチュー、また西スマトラからのKetupat Kandangan、ジャカルタ人のお気に入り“Kerak Telor”、バンテン州からの“Rabeg Sapi”等々。独自の味を持っている、伝統的な飲み物もあります、それらの名前はノンアルコールであるにも関わらず、ハーブを温める調合から作られている、Bir Pletok (Betawi’s Beer)Bir Jawa (Javanese Beer)などです。

開会式は、観光省の国内ツーリズム・マーケティングの代理人、ジャカルタツアリズムのCatur LaswantoヘッドであるMrs. Esthy Reko Astutiや、各州、都市の代表者が出席しました。Mrs. Esthy Reko Astutiは、伝統的な食品や調理製品は、国の多様な料理の豊かさや独自のユニークな特性を持つインドネシアの多くの地域に固有のものであると強調しました。

人々の文化の多様性を持つ国として、インドネシアは、伝統的な食品や飲料のおおよそ以上の5000の異なるタイプがあります。大都市では、より近代的な食事がポピュラーだが、これらの貴重な文化遺産がよく保存されており、まだ国のほぼすべての地域で楽しむことができます。それ故、インドネシアの多様な食品や飲料のショーケースだけでなく、また、列島の伝統料理を維持するための努力で重要な役割を果たしています。

このフェスタに続き、Mall Artha Gading からそう遠くない、2016年4月22日から5月22日まえ、毎年Jakarta Fashion and Food Festivalが開かれます。食品やファッションの組み合わせ、JFF祭がファッションショー、ナイトカーニバル、おいしそうな料理の展示会などがあります。

0

アトラクション

他のニュースやイベント