毎年、復活祭の日曜日の前の週、東Floresの町Larantukaでは、Semana Santaとして有名なHoly Weekを迎えます。

9 2月 2016

この特別週間では、Larantukaの小さな町は、フローレス島からだけでなく、インドネシア各地、Java、バリから、何千ものカトリックの巡礼者がやってきますし、また海外からのツアリスト達も参加します。これは、この聖週間における、Larantukaのユニークな記念すべき行事であり、16世紀から続く、地元の伝統の発信と旧ポルトガルへの愛がブレンドされているものになっています。

Floresやインドネシア各地からの巡礼者がここへやってきて祈り、行列の1つになるために参加します。

Semana Santaはイースター週間中の、3月23日にRabu TrewaShackled Wednesday(灰の水曜日)と共に開始されます。この日、集まった人々はudas Iscariotよるイエスの裏切りにより、イエスの逮捕、キリストの十字架上の死をもたらしたことを思い出しながら、礼拝堂に集まって、祈っています。Larantukaの町が追悼の町になるときです:それは魂の浄化のための厳粛さがあります。

Maundy Thursdayの午後には、集会は、約7キロの行列のルートにろうそくを植える準備しながら、tikam turo 儀式を開催します。Tuan Ma (聖母マリア)のチャペルで、1年間封印されている棺が、慎重にConferiaによって開かれます、Tuan MaVirgin Maryの彫像は洗われ、その後(黒や紫、青のベルベットのコートの一部)喪の服を着ます。

儀式のピークは、Good FridayまたはSesta Veraで(イエスが張り付けられた日)、今年は2015年3月25日となります。Tuan MaTuan Ana (イエスと聖母マリア)のチャペルのドアは朝の10時にオープンします。Good Friday行進は、イエス・キリストの体の彫像を運ぶ儀式行われ、儀式のセンターへとイエスを配置し、喪の母親(Mater Dolorosa)として、聖母マリアは行列の真ん中へ置かれます。

Sabtu Santo(聖土曜日)とMinggu Paskah (復活祭の日曜日)が、全体のイースター週間の最後として続きます。

強力なポルトガルの植民地時代の影響を有し、Larantuka一般的にカトリックとして、インドネシアで知られています。4世紀以上、この地域は、聖職者を通じてではなく、むしろ一般の人々の役割を介してカトリックを継承しています。Larantukaの王、宣教師、使徒の兄弟愛(Confreria)、セマナ族、およびKakang Kakang Lewo Pulo  PouLema族)はこのLarantuka地域におけるカトリックの成長に重要な役割を担っています。

ジャカルタから、またバリから、Larantuka EndeMaumereWai Oti空港へのフライトでアクセス可能で、約3時間です。

のホテルは数に限りがあるため、早め早めの予約がいいでしょう。

0

アトラクション

他のニュースやイベント