POSO KAWANINYA FESTIVAL:皆既日食を祝います

27 1月 2016

インドネシア諸島、セントラルSulawesi州のポソの町にて、多くの部分ではっきりと見えるようになる、非常にまれな現象、皆既日食を祝うKawaninya祭が2016年3月8日と9日に催されます。2016年3月9日に起こる皆既日食の興奮に加え、この祭りはエンターテイメントを提供するだけでなく、特に、この稀な現象を観察するために、ここにいる国内外の観光客に他の観光スポットを紹介することを目的としています。

ここでは、皆既日食の観察は、約40キロ北の街の中心部からKalora村、ウタラ地区のPoso Pesisir中心となります。その村はBandung工科大学(ITB)とMosintuwu Poso研究所からのチームが実施した調査によると、これらの地域は最高の観測スポットとして選ばれています。日食の間には、このあたりは中部インドネシア時間8:38amから開始2分40秒間暗闇に包まれます。

このイベントはまた、日食の起動を研究するため機器を持ちだした15人のBandung工科大の講師たちが参加します。皆既日食はまた、全国のインドネシアのTVチャンネルによって、エキスパートの解説付きテレビで生中継されます。

Posoでの現象を観察希望の方に、組織委員会は、約5000サングラスを用意しているために、特別な日食サングラスが提供されます。

この2日間の祭りは、地元のすばらしい芸術家たちから、伝統舞踊や音楽公演等の様々なパフォーマンスが催されます。3月8日の夜には、Bandung工科大の研究所の専門家たちによって、提供される望遠鏡を通して、宇宙空間観測の特別なプレゼンも行われるだろう。

ポソはセントラルSulawesi州での皆既日食を観察するための唯一の場所ではありません。他の観測ポイントは、州都のPalu, Parigi, Tojo Una-una, Banggaiなどです。現在、少なくとも10000人もの人が、Central Sulawesiで起こる壮大なイベントのために、すでに観測しようと予約されています。

0

他のニュースやイベント