ジャカルタプラネタリウムで部分皆既日食を見るチャンス

22 2月 2016

それほど幸運ではない人達、皆既日食をクリアに見ることができる場所、インドネシアの12の州へ旅することができない人達にとって- PalembangからBelitung, Pontianak, Balikpapan, Poso, Palu やTernateまでだが、- ジャカルタプラネタリウムや天文台の望遠鏡を通して、ジャカルタで部分日食を見るためのオプションがあります。

そのプレスリリースを通じ、ジャカルタプラネタリウムは、2016年3月9日(水)に4:30apmから一般に公開されることを発表しました:

1.ジャカルタに見られる、新しいTaman Ismail Marzukiプラネタリウムや天文台の望遠鏡を通して、部分日食の観察が可能

2.インドネシアの日食の皆既日食の「ライブストリーミング」がプラネタリウムのロビーで可能。

3. .一方で、プラネタリウムの4人のメンバーが、パル、中部スラウェシ州で日食を観察しています。


プラネタリウムのロビーには、(最初の600名様に限定ですが)皆既日食を見るために、特別な眼鏡、プロモーション資料と一緒に配布され、西インドネシア時間の、4:30amから6:00amまでオープンされます。

6:00amから8:00amまでは下記となっています。   

  • 部分日食の観察範囲はジャカルタに見られる範囲

  • お客様に見せる皆既日食のライブストリーミング

Sholat Gerhana(日食のための祈り)のために一緒に祈りを希望する方は、プラネタリウムのMusholaで開催されます

ジャカルタのプラネタリウムの記録によると、インドネシアで最後に皆既日食が見られたのは、サンギヘタラウド、北スラウェシで、1995年10月24日に見られました(約21年前)。次の皆既日食は、(今から7年後の)2023年4月20日にインドネシア、ビアク島の都市を含め、南西、南、東パプア通っていくことが期待されています。

同じスポットで皆既日食を見るチャンスは350年かかる、と専門家は言います。これは、別の皆既日食が唯一次の350年の間でパレンバン、パルとポソを通過していくことを意味します。だから今、この日食を見るべきなのです。

もっと詳し以上は以下:
The Jakarta Planetarium and Observatory
Jalan Cikini Raya 73 Central Jakarta
電話番号: +6221 3505146 and +6221 2305147

写真:news.liputan6.com

0

アトラクション

他のニュースやイベント