保健省が強調: インドネシアでジカウイルスは流行していません。

21 6月 2016

2016年6月19日日曜日に出されたその最新のプレス・リリースでは、病気の予防と管理のためのインドネシアの会長モハマド・スブーは、以下を強調しました「インドネシアは一つのジカウイルス流行地域でもないし、インドネシアに来てもジカウイルスに感染しません」と、アンタラ新聞は報じました。

バリはオーストラリアからの人気の旅行先ですが、オーストラリアのテレビとソーシャルメディアで「ウイルスの感染拡大を経験しているため妊婦は、インドネシアに旅行することを延期するように」と言及されており、これに対し、会長はオーストラリアの政府によって出される渡航安全情報に対して直接的に対応しました。

インドネシアの保健省は声明をきっぱりとその懸念を否定し以下のように述べました。「インドネシアは、ジカウイルスの感染国でありません」。

これまで、スマトラのジャンビの行政区で一人の感染者が報告されましたが、それはeijkman(アイクマン)の研究所の2015年の分析のみであり、会長が続けて強調しました。

台湾に渡航したインドネシアの船員がウイルスに陽性反応を示したが、インドネシアの保健当局がブリターで患者の親族をすぐに検査し、ジャバ東部とすべての地区ではジカウイルスは陰性の結果が出ました。


インドネシア政府、特に保健省は、ポット、ドラム、捨てられたタイヤといった蚊の繁殖地を掃除と乾燥させ、居住区のまわりで蚊の繁殖の可能性のある場所の徹底的な検査を通してウイルスの考えられる感染症に対して注意を喚起し予防するためのあらゆる処置をとりました。

インドネシア保健省はインドネシアでのそのジカ予防と注意喚起、検疫が実施されており、デング熱ウイルエスとともに蔓延を防いでいるとプレスに伝えました。

インドネシアでDBD(ディビディ)としてより一般に知られている、デング熱も媒介するヤブカ属Aedes Aegypti(アイデスアイギプティ)蚊によって、ジカウイルスは主に伝播します。同じ種の蚊によって伝染するが、科学者によると、小頭症で赤ちゃんの出生を引き起こすのは強烈なジカウイルスです。

(出典:アンタラ・ニュース)

0

他のニュースやイベント