スラバヤのMAJAPAHITトラベルフェア2016

3 4月 2016

ジャワの北海岸に位置している、スラバヤは、東ジャワ州のインドネシア第二の都市、および首都であり、かつては強大なマMahapahit帝国でした。

インドネシア東部の中央ビジネス街のハブとして、東ジャワと東ジャワ観光局の政府は2016年4月13日から16日まで、第17回のマジャパヒトトラベルフェア2016をBumi Surabaya Cityリゾートホテルで開演します。

マジャパヒトトラベルフェア2016(MTF)は 東ジャワの文化や観光スポットを促進するために毎年開催される国際文化観光イベントであり、旅行・観光産業のビジネスチャンスを提供しています。フェアは、その史跡、雄大な山々、白い砂浜、ホテル、休日や娯楽施設等を国内外のツアーオペレーター達に促進することを目的としています。

毎年、イベントは、東南アジア、オーストラリア、ヨーロッパなどの国内外からのバイヤー参加者約数百人が東ジャバの売り手を結びつけます。MTFは地域開発へのツアリズムセクターへの貢献を強化、ビジネスチャンスの作成、東ジャワでの多様なイベントや観光地の開発が期待されています。

さらにMTFはまた、能力を高め、国際的なマーケティング、プロモーションや交渉を通じ、ツアーオペレーターのための訓練の場になることを目指しています。観光によって、地域や国の経済を支えるという重要な役割の人々の認識を高めます。

去年、ビジネスミーティングの参加者数はかなりの勢いで増えています。さらに、今年は、委員会がこのイベントは最も有益で、大きな成功を実現と約束しています。

この会議ツアーあとは、参加者に二つの選択肢を提供しています。the Bromo-Gubugklakah Midnite TourGolf Full Day Tourです。

詳細はここサイトでチェック:Majapahit Travel Fair.

0

アトラクション

他のニュースやイベント