マナド近くのレンベ海峡フェスティバル2016

1 9月 2016

北スラウェシの州都、マナドの近くにあるビトゥンの港町で、美しい不思議な水中で有名なレンベ海峡フェスティバルは、2016年10月7日から10日にかけて多種多様な行事が行われる。

イベントや祭りの一部を形成するビトゥン・バハリ・ベルセリ(B3)またはビトゥンマリン賑わいプログラムは、ビトゥンの最も魅力的な素晴らしさを促進するため、ジャカルタにあるホテルインドネシアのロータリーにて2016年9月13日に立ち上げられた。

レンベ海峡フェスティバル2016は、水中写真コンクール、料理フェスティバル、マサンパー文化祭、モトクロス競技、マエンケット文化祭等数多くの伝統的な民俗の遊び大会や、エキサイティングなアクティビティが多く含まれている。

写真に撮りがいのある奇妙な水中の生き物が有名で、レンベ海峡で有名はスラウェシとレンベ島の本土を隔てる細長い海峡だ。それほど遠くないマナドのビトゥン市に位置しており、ここでは魅力的で、最も色鮮やかな熱帯​​の水中生活で満たされた異なる世界を見つける事が出来る。レンベ海峡は16キロの長さ、幅1.2キロで、ダイビングスポットは88未満しかまだ発見されていない。

ここでのダイブサイトは15〜25メートルの深さがある。摂氏24〜30度と年間を通じて水中は暖かい。そのユニークなエコシステムは、ウミウシ、毛の生えたカエルに似たイカ、派手な魚等の家をつくっている。これらの生物を希少生物は、水中カメラマンを魅了する。このような理由から、海洋写真家はレンベ海峡を「マクロ撮影のメッカ」と呼ぶ。

この領域に長く滞在する場合は、地域のアイコンで黒マカクザルと大きな受け皿の様な目でキュートな拳サイズのメガネザルの生息地、タンココ自然保護区へ行ってみよう。ビトゥンの港町はマナドから車で1時間少しかかる。マナド・ビトゥン間に公共バスがあり、その他の方法としては、タクシーまたは港町までの車を借りることが出来る。海峡へは、ビトゥンへ行き、ルコ・パテテン桟橋に進み、レンベ島へ渡る船に乗る。途中に、丸木舟カヌー、大規模な海軍のフリゲート、伝統的なヨットから軍艦まで、様々なサイズの異なる船がある。

0

他のニュースやイベント