インドネシア、皆既日食キャンペーンでPATA金賞を獲得

25 7月 2016

インドネシアは2016年、PATA(The Pacific Asia Travel Association)の3つの金賞を獲得した。

インドネシアの観光旅行省は、2016年の皆既日食で訪問客をインドネシアに引きつけるために行ったマーケティングにて、その主要マーケティングガヴァメントの部門で金賞を得た。

PATAのCEO であるマリオ・ハーディ博士は、以下のように述べた。

「PATAを代表して、2016の金賞受賞おめでとうございます。今年の参加者全員に感謝しています。今年の受賞者はアジア太平洋地域でより確かな観光産業に尽力し、その成果は素晴らしいものでした。我々はインドネシアでPATA旅行市場2016でのPATA金賞受賞者の昼食会とプレゼンテーションで彼らの成果を賛美することを楽しみにします。」

インドネシアが獲得したPATA金賞は、以下です:

2016年のPATA金賞
マーケティング– Primary Government Destination部門

皆既日食インドネシア

インドネシア共和国観光省
 

2016年のPATA金賞
遺産と文化–文化

Lalare(ララレ)オーケストラ

インドネシア共和国観光省

2016年のPATA金賞
旅行ジャーナリズム–旅行写真

HandiLakonso(ハンディラコンソ)による放浪者の旅行

色、ガルーダインドネシア航空の飛行中の雑誌、2015年4月Agency Fish, インドネシア

これに加えて、TTGのライ二ハマディと協力したインドネシアの上級観光旅行ジャーナリスト・ミミフドヨも、旅行ジャーナリズムを得た。

2016年のPATA金賞
旅行ジャーナリズム–工業事業記事

2015年12月新しい魅力的な、TTGアジア贅沢

ミミフドヨとライニハマディ

TTGアジア・メディアPTE LTD、シンガポール
 

バンテン行政区のjakartaで新しく設立されたインドネシアコンベンション展示(ICE)ホールで2016年9月9日金曜日に示されるPATA旅行市場2016にて、受賞者に公式に表彰される。

0

他のニュースやイベント