インドネシアの自然と文化がベルリンでハイライトされる

14 3月 2016

ドイツの首都のベルリンで毎年の評判が高いITB旅行と観光産業証券取引のイベントと同時に、インドネシアが島々の明るくて暖かい熱帯魅力の写真でまちを明るくすることになる。

観光省のインターナショナルマーケティングコミュニケーション部長のAgustini Rahayu37日~425日まで、中部ベルリンでAB/ABC地帯を通っているベルリンの路面電車は、Wonderful Indonesia 写真で飾られます。ルートは都市の最も忙しい地域と観光名所を通っています。

例えば、M6号とM4号路面電車はベルリン中心のAlexanderplatzHackeser Marktを通っています。

描写される写真はジャワ島の素晴らしいボロブドゥール仏教徒寺院、劇的なバリの踊り、フロレス島の近くの有史以前のコモドオオトカゲ、スマトラの美しい白砂のBelitung島とインドネシア中にある多くの刺激的な目的地と活動です。

他の路面電車の登録番号103310681092107015031575152040074008401080148015801680178018Wonderful Indonesia の画像が載っている。その10111号と10114号の地下鉄にも載っている。

ベルリンには1年につき18110万人の乗客を乗るおよそ353台の路面電車を持っている。平均一台路面電車あたり513,031人が乗っている。このように、3月~4月までWonderful Indonesia キャンペーン電車に合計128万人の乗客が乗ることになるだろう。

39日~13日の進行中のITB(Internationale Tourismus Bourse)にあたって、参加している188カ国からWonderful Indonesia の路面電車と地下鉄イベントに何千人の代表も引きつけるだろう。

「ベルリン路面電車がインドネシアの最も魅力的な自然で文化的な画像を見て、私は本当に誇りに思います」と、リーナ・ベルリーナ、現在ベルリンで働くインドネシアのファッション・デザイナー、antaranews.comで述べています。

情報源:antaranews.com

0

アトラクション

他のニュースやイベント