インドネシア最高の登山体験。

15 6月 2016

「そして目の前にもう一つの登るべき山が常にある」という有名な名言をよく知っているならば、ここ、インドネシアで、それは単なる比喩にとどまりません。群島の向こうまで届く山並みは素晴らしい景色を私たちの心を揺るがし、世界で最も魅力的な自然の目印を残している。火の輪の「最も熱い点」があるインドネシアはスリルに富んだ、最も素晴らしい活火山のいくつかを見つけることができます。

冒険家や登山家のための絵のようで息をのむようなパノラマ、世界で最も美しい頂上に登って挑戦的なハイキングでスリルな旅を経験する。そして、多くの素晴らしい挑戦的な山々が冒険家を待っています。


  1. メラピ山



ジャワ島のジョクジャカルタの堂々としたメラピ山の眺めが輝いていて、インドネシアで最も活発な火山の征服するスリルは特別な感覚を味わえるでしょう。海抜2911メートルの火山の頂上から流れ冷やされた溶岩に沿って登ると、驚くべき360度の全景で素晴らしい日の出を拝むことができます。


  1. リンジャニ山



広大なリンジャニ山はロンボク島を覆う大きな火山だ。頂上への道のりはインドネシアで最も興奮させる経験の1つです。高さ3726メートルのリンジャニ山はインドネシアで2番目の最高峰です。その魅力的なサミットの他にも、山と素晴らしく透き通った青い水のSegara Anak Caldera 湖の美しさでうっとりさせられます。


  1. タンボラ山



北スマトラのトバ山のようにタンボラ山は世界のスーパー火山の1つとも認められる。昔のトバ山のメガ噴火で 大きなトバ湖の痕跡を残したが、タンボラ山はまだとても活発していて、2751メートルの高さを誇る。スンバワ島の北端にあって、この驚くべき山はその挑戦的な道のり征服するスリルを楽しみに世界中の登山家、地震学者、火山学者、考古学者、生物学者を引きつけ夢中にさせています。


  1. セメルー山



Mahameruと知られている海抜3676mのセメルー山頂はジャワ島の最高地でヒンズー教徒には重要な場所となっています。東ジャワの中央に800平方キロメートル面積もあるブロモ・テンゲル・スメル国立公園の中にあって、登山家にとって、Mahameruに着くために厳しい挑戦を征服することは死ぬまでには登らなければならない場所となっています。


  1. Gede山-Pangrango国立公園



首都ジャカルタから近く簡単なアクセスのため、素晴らしいパノラマのGede山とPangrango国立公園は国内外の登山家に人気の場所です。この国立公園にはGede山とPangrango山の二つの頂上を同時に楽しむことが出来ます。Gede山のサミットとクレーターからの景色は日の出も日没でも素晴らしく、アルン・アルン・スルヤクンチャナの所では魅惑的なEdelweiss花畑が熱帯地方で育っている様子も観察できます。 

0

アトラクション

他のニュースやイベント