2016年1月、インドネシアへの外国観光客が3.6%上昇

2 3月 2016

インドネシアの国家統計局 (BPS)はウェブサイト上で2016年1月期のインドネシアへの総外国観光客が3.6%上がり、814,303人に増加したと発表した。

Bisnis Indonesia によると、「観光客」にカテゴリー分けされた、740,570人(2015年1月より2.19%上がり)、と「陸路の国境通過」の35,741人(2.53%上がり)、「一年未満短い滞在」の37,992人(43.82%上がり)の総数であるそうだ。

国家統計局は以前、「観光客」しか記録されていないが、2015から「観光客」のカテゴリーの他に、インドネシアのカリマンタンとマレーシアのボルネオの国境通過、ティモール・レステのと東Nusatenggaraのインドネシアのティモール国境通過「陸路の国境通過」、ならびに1年以上の間短い滞在ビザを所有している「一年未満短い滞在」のカテゴリーを追加した。

2016年に、インドネシアは2015年より1040万を上昇し、1200万の外国観光客を歓迎することを目標としている。

0

他のニュースやイベント