ガルダがジャカルタ―ラブアンバジョのコモド空港間の直行便を就航

24 10月 2016

これからジャカルタからコモドドラゴンの生息地に行くために、バリで乗り換えする必要はありません。コモド国立公園の玄関港であるラブアンバジョまで直行便で向かうことができます。

2016年10月21日金曜日から、ガルダインドネシアはフローレス島のラブアンバジョにあるコモド空港からソエカルノハッタ国際空港に向けて週6回の直行便が就航しました。VPコーポレートコミュニケーションズガルダインドネシアのベニー・S・ブタルバター氏は土曜日以外毎日の運航を宣言しました。

ガルダはこのルート間でBombardier CRJ1000 Next Gen機を利用し、すべてエコノミー席である96席の客員が利用できます。


飛行機は西インドネシア時間10:05にジャカルタのソエルノハッタ国際空港 (CKG) を出発し、東インドネシア時間の13:35にラブアンバジョ空港(LBJ)に到着します。(これらの時差は2時間です。) ラブアンバジョからの帰りの便は15:00に出発し、ジャカルタに16:10に到着します。航空券は片道あたりRp. 1,449,500、詳細はdetik.com。

さらに、ガルダによるバリ―ラブアンバジョ間のフライトはATR72-600機で運航し、70名の乗客を乗せることができます。

ガルダのVPであるベニーブタルバタール氏は新規ルートの運航は国内、国際の航空事業の拡大戦略であり、インドネシアの素晴らしい旅先を訪れる観光客の増大を容易にさせる国家ツーリズムマーケティングプランのサポートのおかげであると述べました。 コモドやその他のフローレス島はエコツーリズム発展が加速されている国内における10つの最重要観光地となっている。

東ヌサテンガラ地区のラブアンバジョは絶滅危惧種に指定されているコモドドラゴンの生息地の玄関港であり、唯一の生息地となっています。

この島は海中のワンダーランドに囲まれ、自然のままのビーチやコモド国立公園の魅力的な自然な姿と触れ合うことができます。さらにフローレス島は様々な種類の魅力を持ち合わせ、山をトレッキング、ケリムツ山の三色のクレーターにできた湖やルテンの水田の独特な円形の蜘蛛の巣、水しぶきの激しい滝、ワエレボのような時をさかのぼり、巨石文化の村での生活体験など様々です。フローレス島は先史時代のホモフローレシエンシスの生息地であったため、島にはリアンブア洞穴で見つかったような神秘的なホビットもいるかもしれません。

0

アトラクション

他のニュースやイベント