ガルーダインドネシアは現在、ヒースロー空港からロンドン-ジャカルタ直行便

4 4月 2016

以前にガトウィック空港での運営からヒースロー・ロンドン空港への移転と同時に、3月31日(木)に、インドネシア航空会社ガルーダインドネシアはロンドン­ジャカルタ直行便を発進させたと、ロンドンの旅行毎日アジアは報告した。

リボンカット儀礼はイギリスのインドネシア大使のDR. Rizal Sukma、イギリスとアイルランドのガルーダGMのJubi Prasetyo、ヒースロー空港執行者のノーマンド・ボアヴァンが出席された。また、リバプール・フットボール伝説のイアン・ラッシュとガリー・マカリスターも出席。Garudaはリバプール・フットボール・クラブのスポンサーである。

「ロンドン・ヒースローの最初のフライトが空に飛ぶを見ることに我々はぞくぞくした。唯一で最初のジャカルタからの直行便の航空会社になったことで、イギリス-インドネシアの最効率の便になったということだ。」とTraveldailymedia.comでJubi Prasetyoはいった。

B­777­300 ER航空機を用いて、Garudaは毎週5回ルートにロンドン-ジャカルタを飛ぶがジャカルタからヒースロー・ロンドンに帰航に関してシンガポール経由になる。


火曜日に、水曜日に、木曜日に、土曜日にと日曜日に飛ぶとジャカルタのBisnis Indonesiaが報告した。ファーストクラスが8席、ビジネスクラスが38席とエコノミーが268席で、飛行機には314人乗客も乗れる。ヒースローでは乗客はターミナル4でSkyTeamラウンジを楽しめる。ヒースローは1000以上の目的地を繋がる点として、ガルーダ乗客をより多くヨーロッパの向こうの場所にも運ぶ。

ガルーダパッケージでジャカルタで乗客もWonderful Indonesiaの海とエキゾチックな文化と自然目的地を楽しめる。例えば、バリ、ロンボック、ジョグジャカルタ、コモド島、とRaja Ampatダイビング・パラダイス。

2年連続でGarudaはSkytraxによって世界5つ星の航空会社を与えられて、世界最高の客室乗務員。


参照:traveldailymedia.comとBisnis Indonesia

写真:tribunnews.com

0

アトラクション

他のニュースやイベント