ガルーダ航空会社、より多くジャカルタ―シランギット空港(トバ湖)直行便を追加

7 3月 2016

より多くの訪問客が北スマトラにある素晴らしいトバ湖を楽しめるため、2016年3月23日からCSJR 100 Bombardier航空機株を使用し、ガルーダインドネシア航空は週3回までジャカルタ―シランギット空港(トバ湖近く)の定期便を増やす。

協定は、ガルーダインドネシア航空と北タパヌリの摂政、ニクソン・ナババンの間で3月3日(木)にサインされた。

これより、メダンのクアラ・ナム 空港-トバ湖の3~4時間に比べ、シランギット空港-トバ湖の1~2時間が運転時間削減になるだろう。

加速した観光地発展(基盤を含む即時の開発に予定されて、施設を支えている10のプライオリティー目的地の1つであること)として、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、トバ湖を指定した。

他は以下の通りです:ベリテゥン島(以前ビリトンと呼ばれる)のタンジュン・ケラヤンビーチ、バンテンにクラカタウ山に面しているタンジュン・レスンビーチ、ジャカルタ湾のサウザンドアイランド島々、ボロブデゥル­プラムバナンと他の中部ジャワの遺産サイト、東ジャワのブロモ­Tテンゲル­セメルー国立公園、南のロンボクのマンダリカビーチ、東ヌサ・テゥンガラのコモド島とフロレス、中央カリマンタンのタンジュン・プチン国立公園、東南スラウェシのワカトビ海中公園、北モルッカ諸島のモロタイ島と西のパプアのラジャ・アンパット。

3月2日に、ジョコ・ウィドド大統領(一般にジョコウィと呼ばれている)は、トバ湖地域に2回目に訪問し、トバ湖周辺の担当している7つ摂政や運輸省や観光省(所長)や環境省を集めた。

ボーイング737航空機タイプの着陸できるように、Silangit空港は、40メートルの滑走路、2650メートルに拡大されている。新しい空港とターミナルは、2018年までに使用可能である予定。 

0

アトラクション

他のニュースやイベント