ビザ免除国の観光客がサム・ラツランギ国際空港 に通じ、インドネシア出入国することができる

1 4月 2016

2016年のビザ免状大統領方針ナンバー21が著名されたことで、短い滞在のビザ免除方針で169カ国からの外国人観光客は現在マナド(北スラウェシ州の都市)にあるサム・ラツランギ国際空港 に通じ、インドネシア出入国することが可能になった。

このお知らせはマナド出入国管理事務所の長官であるモンターノ・レンクン氏が木曜日、2016年3月31日に宣伝された。「我々は、このよい知らせを北スラウェシ州の知事、オリー・ドンドカンべいにもう伝達しました。」と話した(引用:news.viva.co.id)。このビザ免状規則は2016年3月2日にサインされたという。人権法務省による、この規則の有効先行として、出入国管理会長、ロニー・ソンピーは2016年3月19日に指導操作上の手紙を出した。

「このように、2016年3月22日から、サム・ラツランギ国際空港に通じ、ビザのない方針は事実上有効だ 。」とモンターノが加えた。

源:news.viva.co.id

0

アトラクション

他のニュースやイベント