辛くて美味しいマナドの食べ物

13 9月 2016

ブナケンの見事な水中生物は、マナドと北スラウェシへの訪問時の唯一の楽しみではない。マナドへ旅行する第2の理由であげられたのは、その美味しくとても辛い料理や調味料で知られるマナド料理が目的であるからだ。ニンニク、ショウガ、ガランガル、バジルの葉とレモングラスのような風味のハーブやスパイス等ユニークで忘れられない味が各皿を満たし、そのおいしい組み合わせで、インドネシアではマナドのレストランは人気を得ている。しかし、州外の顧客を維持するため、インドネシアの他の主要都市でのマナドのレストランに魚料理はあるが、肉を提供していない。


とても辛い事でよく知られているが、辛いものが食べられない顧客のために辛くない食べ物もあるが、辛い物好きにはたまらない食べ物が多くあるのは確かだ。


とびきり美味しい食べ物を見つけられる最適な場所はWakeke通りにあるPierre Tendean Boulevard、カラセイビーチ沿いやビトゥン港の周りにあるシーフードだ。


以下は、ユニークなマナド料理を試す事が出来る場所のリストだ。


1. Tinu'tuan(またはマナド粥)




Tinu'tuanは、伝統的なマナドのお粥だ。 「マナド粥」として知られており、カボチャのスライス、サツマイモ、スイートコーンやアサガオ、ほうれん草やクレソンやゲディ(マナドでしかない)などの野菜と混ぜられた粥がベースだ。美味しく、最も栄養の高い朝食も作られる。マナドのお粥は多様な野菜が含まれているため、ベジタリアンであるならば、朝食にはこの料理が最適だ。レモングラス、バジルの葉とカットされた新鮮な緑のトマトと赤玉ねぎのスライスがミックスされ、トンダノ湖でとれたナイキという小さな魚から作られた辛い“ダブダブ”サンバルとフィッシュケーキにあえられたこの料理は、地元の人々がいつでも食べられる愛してやまない一品だ。


2. アヤム リチャリチャ




マナドの現地の言葉で様々なスパイシーでホットなチリを意味する「リチャリチャ]という料理は常にある。このおいしい調味料はマナドで生まれたと知られているレシピでもある。基本的な食材は新鮮なトマト、唐辛子、ニンニク、エシャロットや生姜であり、ココナッツオイルでブレンドし、レモングラスのスライスを混ぜ、ライムジュースを噴霧する。リチャリチャソースは、通常、バーベキューされた魚、肉等にのせて食す。最も人気のあるリチャリチャの一品は、アヤム リチャリチャもしくはチキン リチャリチャや、ツナ リチャリチャであろう。


3. ガロブンガパパイヤ(パパイヤの花ガロ)




魚や肉をたくさん食べる他に、マナドの人々は野菜を多く食べる。マナドの人気の野菜料理はガロブンガパパイヤだ。ガロは、攪拌された雄のパパイヤの花の蕾で、ガロブンガパパイヤは、一般的に後味に苦味があるホットでスパイシーな料理だ。この料理には様々なレシピがあり、その苦味を低減するためパパイヤの葉、アサガオやグネツム属のグネモン葉(メリンジョリーフ)と一緒に混ぜる。通常、スモークツナ(チャカラン フフ)で使われる。最高に美味しいチャカラン フフは、ビトゥン港の周りで見つけられる。


4. チャカラン フフやその他の魚介類




マナド市の港は、地域における漁業の中心地だ。数年前、沿岸はその小さなアウトリガー漁船を維持する地元の漁師が使用するビーチで、新鮮な魚介類はメインディッシュとして人気があった。最も人気があるのはチャカラン(カツオ)、トゥデ(サバ)、イカン クア アサム(タマリンドソースと魚のスープ)、チュミ ウォク(スパイシーな緑のチリソースのイカ炒め)だ。他には主に炭火焼きやダブダブ サンバルを提供する。


5. 美味しいサタイやサテー




基本的にサテーは、インドネシアのどこでも見つける事ができる肉を串に刺しグリルされたインドネシアの特徴的な料理の一つである。マナドでは現地の辛いソースと牛肉、ヤギ、豚やシーフードから作られたの炭火焼きサテーを見つけることができる。木材や木炭の上で竹串に刺したマリネ肉を現地のスパイスでグリルやバーベキューされ、その後ダブダブをのせる。


6. クラッぺルタート




この美味しいデザートはマナドを綴る。単にココナッツタルトとして知られ、クラッぺルタートは元々オランダの影響を受けたマナドオリジナルのデザートで、甘いカスタードパイに柔らかい卵白粉ととりたての若いココナッツの肉があり、クルミ、レーズンとラム酒の味がトッピングされている。この最高のデザートは、食後の舌を冷やす。新鮮なココナッツスライスがパイにあるため、マナド以外で見つける事は難しく、その真の鮮度を保持するために、冷蔵庫の中にしばらく入れておくべきだ。


7.ナシ ジャハ




ナシ ジャハはマナドの重い(軽くない)スナックで、米(スティッキー)、生姜(ショウガまたはジャハ)、パンダンの葉、ココナッツミルク、レモングラスとライムリーフをバナナの葉を敷いた竹の管で調理した伝統的なスナックだ。この詰まれた竹は、その後、「ロースト」されるまでゆっくりと燃える薪の上に配置される。その後にナシ ジャハをスライスし、チャカラン(カツオマグロフロス)と共に提供される。


8.パナーダ




パナーダは、ラテンアメリカのエンパナーダに似ている。マナドの人々は辛い食べ物が大好物なため、独自のアイディアで揚げたパンをスパイシーなツナフロスで詰め、現在パナーダとして知られている。

0

他のニュースやイベント