スマランでのチョンホ文化祭2016

15 7月 2016

インドネシアの海に中国から鄭和提督が来航した歴史的な航海の記憶をよみがえらせて、セマランのタイカックシ寺、サムポーコン寺院とコミュニティのリーダーが協力して中部ジャワの州政府とともに、2016年7月31日まで中部ジャバ行政区のスマラン首都で、30周年記念の鄭和文化祭を行った。

祭りは、祈りと儀式から始まり、目玉としてはアートパフォーマンスやセミナー、ビジネス会議などが行われた。さらに、TayKakSie寺からスタートしSam Poo Kong寺に向かう、文化的なパレードでは最高潮に盛り上がった。

鄭和としてよく知られている、鄭和提督の像を6キロメートルの距離を担いで行進する文化的なパレードには数千人もの人々が参加した。

このパレードはスマランに到着した後、偉大な海軍大将と彼の艦隊によって航海に出る。

彼が1405年に探検を始め1433年に他界するまで、鄭和提督は連続して7つの国際的探検隊を指揮した。そして、28年のうちに37カ国を訪問した。

これらの探検において、海軍大将はアジア、中東とアフリカの国々を訪れた。

彼のインドネシアのエーゲ海への5つの遠征において、鄭和は中国のテクノロジーとライフスタイルの導入に成功した。

彼が訪問した場所では、モスクや祈りの家を建設し文化的適用を示すことで、海軍大将と住民との兄弟関係の強い感覚を植え付けた。そして、イスラム教の文化を中国の伝統や土着の信条、生活様式と融和させた。

15世紀の彼の航海の間、海軍大将はジャワの北部の海岸、スマランのシモンアンビーチに足を踏み入れた。鄭和は、岩が多い山腹で小さな洞穴を見つけ、そこを祈りの場所にし、後にその場所に小さな寺院を建設した。 

しかし、短い滞在期間を経て、鄭和がジャワを去ったあと、彼の将校と乗組員の多くは残りその地域に住みつくことに決めた。多くのシモンアンの住民によると、彼らは地元の女性たちと結婚し、現在では中国系と呼ばれている。近年、Sam Poo Kong寺(別名ゲデゥンバトゥ / 石ビル)は鄭和が祈り、瞑想した場所に造られた。 この寺院は、現存し、スマランで最も古い中国の寺院だ。

0

アトラクション

他のニュースやイベント