エキサイティングツール・ド・ジャカルタ・レースでお気に入りのサイクリングチームを応援

8 6月 2016

地方に負けないよう、インドネシアの首都、ジャカルタでは、ツールドジャカルタを7月30日の土曜日に行う。

すでにオーストラリア、オランダ、タイ、フィリピン、ニュージーランドがジャカルタにそれぞれのチームをジャカルタ市内トラック横断レースに送ることを決めており、10のインドネシアのチームも参加する。

西インドネシア時間の7時から11時に開始され、大都市ジャカルタの主要なジャランタムリンとジャランスディルマンに沿って、ツール・ド・ジャカルタは175キロ、13ラップインチをカバーしている。何千人もの外国人観光客が自分たちの国のチームを応援するためにジャカルタを訪問し、この最もエキサイティングなレースを見るため、20万人ほど国内や観光客が参加する。

ジャランタムリンとジャラン・スディルマンは、ジャカルタの大通りで、大手銀行、政府省庁、重要なビジネス本社の所在地、高級ショッピングモールやホテルがあり、その道は国立博物館と大統領ムルデカ宮殿へと続く。

観光省により、手厚くサポートされており、ツール・ド・ジャカルタは、インドネシアではすでによく知られており、西スマトラのツールドSingkarak、また東ヌサ・トゥンガラ州のツールドフローレス、リアウ諸島とツールドビンタンのように、国際自転車レースとしても知られている。






0

アトラクション

他のニュースやイベント