ブナケンダイビングの日

8 6月 2016

そよ風でさわやかな77度(℉)で、私はスラウェシ島の北端に私のボートに乗っています。8人の私たちのグループは、ダイビングボートの広々としたウッドデッキにちょうどよいです。私は、オープンキャビンに伸ばし、それは、タンク、マスク、ベルトが無数あり、様々なダイビングの付属品は、全てがきれいにされており、あなたの今日の冒険のために準備されているのです。


私たちは、マナドからモータボートで40分程のところにある、小さな島に本土から向かっています。この三日月形の島がブナケンと呼ばれています:たった、3平方マイルで、ほとんどの訪問者は、土地のスライバーのために来ておらず、むしろ信じられないほどの美しい水中風景のために来ているのです。


シルキー深い青色の深層水はエメラルドとターコイズの浅瀬になっており、輝いてみえます。ヤシの木が厚く海岸線に並んでおり、私たちはその日の最初のダイブ場所を決めます。それは、36メートルの難破船ダイビングで、ものすごく興奮しているのです。

タイビングはすべて、私が望んでいるものです。イスモラス沈船、ちょうど本土スラウェシにあり、私たちが泳ぐ周りにその巨大なものが存在しています。船の構造は、未だ良い状態のままであり、見るだけでなく、泳げるのです。水中100フィートの中にいることを忘れ、デッキの中を通り抜け、ドアを通って、道をリードするガイドと共に上がったり下がったりして進んでいきます。2回目のダイビングはちょうど、ブナケンの海岸です。最大の深さは60フィートでやや浅いが、魅力的なのです。このダイビングは、私たちに亀の出会いを与え、サンゴ礁の魚の群れで魅了します。


ダイブの後、私たちは戻りたいと感じることはありません。水があまりにもきれいで、その日は完璧すぎるのです。太陽によって、それほど日焼けはしません。白い肌が、いい感じのモカ色にはなりました。二人の若い男の子にシングルハル木製カヌーから手を振ります。彼らの無邪気さには、たまらず笑顔になるでしょう。


太陽がガラスようにきれいな水に落ちていく時死活火山のシルエットが映し出された時に、私たちは外へ繰り出します。空は燃えるようなピンク色に変わり、その暖かい輝きで私たちのすべてを染めていきます。まだ、スイミングウェアを着ているが、ちっとも寒くない。最初に見る星はマリーナに私たちが戻った時がピークだ。これがブナケンである。のんびりであり、壮大である。最も美しい水面下風景の一部で豪華さがあり、元気をくれる場所である。ほとんどの人ができないことができる場所である - スローライフ、リラックス、このマジックの瞬間を楽しむ時間だ。


Chelsea Yamaseによって書かれました(@chelseakauai)


アトラクション

他のニュースやイベント