イード休暇中予約で満員御礼のバタムとビンタン。

9 7月 2016

KEPRIとしてよく知られているリゾート地、リアウ諸島のバタムビンタン島は、イード休暇中すべてのゴルフコース、ホテルとフェリーが予約でいっぱいになった。テロリストが来場者を狙うといった、ソーシャルメディア上の注意書きやメッセージにも関わらず、このような喜ばしい報告があった。

これらの報告に対して、観光旅行アリフ・ヤヒヤ担当大臣は、港とリゾートにて、インドネシア当局、特に警察とモービル隊が島で保安対策を高めたことを、報道陣に知らせた。

すべての権限において、引き続きバタム島のシンガポール領事館と連絡を取り合っていく意向を見せた。

ビンタン島においても、リゾート地となっている北海岸沿いを含む島全域で安全対策が強化された。 アリフ・ヤヒヤ大臣はさらに、バタム島とビンタン島を含むインドネシア全体で、休暇中のインドネシア人と外国人が予定通り休暇を楽しめるよう、安全面に対するすべての処置が取られたと主張した。

0

他のニュースやイベント