1500万~2500万人乗客のバリのNgurah Rai空港、世界第3ベスト空港

27 4月 2016

国際空港会(ACI)は最近、バリのI Gusti Ngurah Rai国際空港を年間15002500万乗客部門で2015年第3世界ベスト空港を賞した。この賞は80カ国の300の国際空港の550,000人乗客アンケートで空港サービス調査の後、決定された。トップは、ソウルのGimpo空港(韓国)の次は中国の武漢天河空港だ。

その上、バリの空港は、アジア太平洋地方で2015年最も改良された空港賞も与えられた。

201641820日にオーストラリアのゴールドコーストホールセンターで行われた会議でACI会長、アンジェラ・ギテンズがバリ空港ゼネラルマネージャーTrikora Hardjoに賞を与えた。

アンケートは乗客の満足感(空港への出入路、チェックイン設備、施設とトイレ清潔、空港の安全と支持アメニティ(例えば食物と飲料アウトレットを含む)に関する指標である34の鍵となるサービスをカバーした。

Ngurah Rai国際空港は2012年以降ものすごくそのサービスを改善した。そして、3年間で60.7%を改善した、とTrikora Hardjoは言った。

増加した交通量とより多い要求のため、バリの空港が現在、埋め立て地の上に3本目の滑走路を敷設する予定であると発表された。

国際的航空会社に奉仕する他に、バリもロンボク、コモド島、マカッサル、ジョグジャ、ワカトビとより多く「Wonderful Indonesia」の人気観光地への国内便のための重要なハブとして用いられる。


参照:Bisnis Indonesia

0

アトラクション

他のニュースやイベント