800人サイクリストが2016年ツアー・デ・ビンタンで競争

27 3月 2016

昨年は状況のために予定が変更されたが、今年の第6回ツアー・デ・ビンタンは201641日~3日に行われる。

シンガポール、香港、オーストラリア、マレーシア、インドネシアと他のアジア諸国、40カ国から70以上のチームとクラブ、このイベントでサイクリスト達の激しい競争を見ることができる。

800人以上のサイクリストは、今は東南アジアの第一のアマチュア・ステージになったこのイベントに参加する。参加者の国はシンガポールが30%、その次が19%のイギリス、12%のオーストラリア、インドネシアの参加者が6%を占める。米国、カナダ、ドイツ、日本、フランスとニュージーランドからのサイクリストもラインアップしている。

2013年の勝者と連合World CCN2014年の二番目とマベリックス・チーム、ScherweyDohlingはトロフィーと$10,000の競争イベントでお気に入り参加者の一つだ。しかし、彼らは世界最強のサイクリストのイギリスのアレキサンダー・イヴァコブから激しい競争に直面だろう。

スシロ・スダルマンホールで開催される記者会見で、ジャカルタにある観光省のSapta Pesona Buiildingで、2016322日に当大臣、アリフ・ヤヒヤは「我々はツアー・デ・ビンタンを完全にサポートし、このイベントは多くの国から観光客を引き付けると予想している、特に参加国から。前イベントと多数の登録された参加者をみて、ツアー・デ・ビンタンとビンタン島自体が観光客のメインになると信じている」と話した。

ツアー・デ・ビンタンは、Riau諸島での、そして、インドネシア中の類似したイベントのように特別スポーツに関連する観光旅行を引き立ち、メディアも引きつけるだろう。「2日で、サイクリストは美しい丘、素晴らしい森と魅惑的なビーチで競争する。高い標準の観光施設で支えられて、国際的なイベントを行う地域として、ビンタン島に引きつけられる観光客の数とクオリティーは、きっと上がります」と大臣アリフは付け加えた。

多様な美しさを公開して、ビーチから森と丘まで、ビンタン島の異なる地域でツアー・ルートは毎年異なる。特集として、今年、レース主催者のMetaSport41日金曜日に使い始めるPrologue Time Trialコースを設計した。そして、ビンタンリゾート域の新しいLagoi湾開発をハイライトにした。

PrologueCat(カテゴリー)1Cat 2と女性レースのためだけに予約され、誰がその翌日黄色のジャージを着るかについて決める。

Lagoi湾とRiaビンタン行楽地域をつないでいる後ろの環のひねり、回転とうねり、時間と戦いながら、今度速度と力の11kmのテストはより多い丘域をおおい、前コースより少し技術的だ。

プロ競争のストレスなしでプロのように経験したい一般的なサイクリストにとって、このツアーもGran Fondoまたは「大きいライド」カテゴリーを提供する。Gran Fondo Doubleは最も冒険好きなもののためにあり、合計260kmになっている2日間サイクリングである。ちょうど1日間サイクルする人に、Gran Fondo Classic (153km)Gran Fondo Challenge (82km)のどちらかを選べるだろう。

それらの競争の各々のための短距離競走点であるStage 1Stage 2で、Green SprintersPolka Dot Climbersジャージは全競争カテゴリーに与えられる。

前と同じ、ツアー・デ・ビンタンの目玉は、Stage 1であるビンタンの中心を通して153kmの巡りだ。大きな上りがこのコースにないものの、あまり平らでない、そして、起伏する丘と熱と湿気のほぼ恒常的なコースは競争者のスタミナにとって挑戦的である。

Stage 1の特徴はもちろん有名な「赤い道」だ。そして、それはSimpang Lagoi村のスタートから約22km13kmの短い素晴らしく美しい景色の道を通しては、急激な上りを通して海岸に繋がってあり、そこで、支配的な赤色土は鮮やかに葉の明るい緑と対照をなす。Stage 1は、もちろん今年、この特別なセクションが二回も回る。

ツアー・デ・ビンタンは、 島の観光北西の区画を通しての107kmの日曜の朝旅行である ステージ 2で終わる。ステージ2は、Nirwana Gardens Finish Lineに真っ直ぐなアイコンに終えることに速くて凄まじい束短距離競走によって処理されることになっている。

ツアー・デ・ビンタンの魅力の一つは、その場所だ。この島はシンガポールからの1時間のフェリー・ドライブだが、到着と同時に、それは別世界に入った感じがする。青々とした緑の景色、静かな舗装道路と現地人の気前のよいおもてなしは、シンガポールの雑踏と対照的な地方気分を提供する。


詳細な情報 : www.tourdebintan.com

0

アトラクション

他のニュースやイベント