インドネシア語は、国全体の国語や公用語だ。それにインドネシア語はコミュニケーションの公用語で、学校でおしえられて、テレビでも話せている。いまのインドネシア人は大抵すくなくとも二つの言語以上はなせている、それはインドネシア語とその地域の言語、それらは300以上あるローカル言語だ。


インドネシア語は、元々19世紀の初期にリアウ諸島で話されて書かれてハイマレー語だった。マレー語はオランダ領東インドの中に共通言語として商売にて話されていた。若い国家主義者は民主的なマレー語がジャワ語より好まれた。それなのに、ジャワ語は人口の大半がはなされて、それにもっと粋な言語だけど、封建的なジャワ語は話し手の身分や相手の身分によって三つの言語水準に分けている。若い国家主義者は1928年の青年の誓いに従ってインドネシア国や国民を統一して、それにインドネシア語という統一言語を話している。


あれから、インドネシア語は急速にジャワ語の用語やジャカルタの方言や英語ともアラビア語の単語を語彙に取り入れて開発した。


インドネシア語はローマ字を使用していますが、インドネシアのいくつかの部分は独自の文字持っている。インドネシア語は学ぶことがかなり簡単で、分かっていると実際にインドネシア語はシンプルな言語だと思う。始めは、簡単なインドネシアのフレーズを学んでみてください。


事実:インドネシアの異民族によって583ローカル言語と方言が話されている。生徒がそれぞれ583の異なる言語や方言を話す学校を想像してみてください。混乱がないとは言えないでしょう。だから各民族集団がインドネシア語を国語として受け入れるのは良かったのです。



0