ワンギワンギ島、海を目的にした観光客に人気の場所


ワンギワンギ島は南東スラウェシ沖のワカトビ諸島を構成する4つの島の中でもメインとなる島です。また、ワカトビマリン国立公園の玄関口にもなっています。ワカトビの名前は4つの大きな島に由来し、Wangi-WangiのWA、KaledupaのKA、TomeaのTO、BinongkoのBiから成り、そのほかにもTukang Besiと呼ばれる島々があります。この島はサンゴ礁の住処であり、その名kに住む942種もの魚、世界で名の知れた850のサンゴ礁のうち、750ものサンゴが生きています。この島は1,400,000エイカーのうち90,000がサンゴ礁で占められています。この広さはオーストラリアのグレートバリアリーフに次ぎ、世界で2番目の広さとなってます。ワンギワンギ島は海洋生物を求める観光客に人気の場所です。.ワンギワンギ島の海中は海洋生物のパラダイスで、サンゴ礁をはじめとする多種多様な海の生物が共存しています。海底にはスロープや深い洞窟など新たなダイビングの楽しみ方ができるポイントもあります。美しいサンゴ礁は海中わずか数フィートの場所から90フィートの場所まで生息し、まるで底なしの海のようです。ワカトビはダイビングコミュニティーの中では比較的有名ですが、実際に海中に潜った人にしかその面白さは伝えることができません。そのニックネームのとおり、この海はまるでオーシャンと呼ぶほど広大です。しかし実際にここに住む生物たちは遠くの海にも生息しています。この村全体は海の真ん中にあるサンゴ礁や岩の上にかけられた木でできた橋のようなものの上に存在しています。バホ民族は海洋の生態系を維持し、季節、風、潮、月、星、までも観測しています。彼らは特別なボートの建築技術を持っており、最も危険な海でも安全な船を造っています。このミステリアスな海洋民族はフリーダイビング能力を持ち、一年中練習を行い、長い時間潜ることができます。バホの人々は船員や海洋の知識を持つ人が集まっているので、中国とも製品をトレードしています。過去にはバホが島の人々とは隔絶して暮らしていた時期もあり、独自の生活スタイルが世代を超えて受け継がれています。しかし現在では陸上の生活様式を受け入れはじめ、陸上に暮らすことも奨励されています。生活スタイルだけでなくバホの文化の多くは廃れ、独自の言語も消え始めています。バホの人々は潮の満ち引きや季節によって住む場所を変えているようですが、現在のどれくらいの人がそれを続けているか定かではなく、数百家族と見積もられています。2010年の映画「The Mirror Never Lies」はWWF-Indonesiaとワカトビ政府、SET Film Workshopの協力で制作され、バホの人々の生活やワカトビ島周辺の海洋生物の多様性が紹介されました。


Get There
ワンギワンギ島ではおそらくほとんどの人が観光客でしょう。最近オープンしたマタホラ空港はワンギワンギ島にあり、ワカトビまでの道のりをとても楽にしてくれます。マカサー国際空港はシンガポール、クアラルンプール、マレーシアからガルダエアー、エアーアジアが就航しています。マカサー空港までの国内線はインドネシアの主な都市から就航しており、Jakarta, Bali, Surabaya, Balikpapan, Manadoなど多くの都市からフライトが飛んでいます。どこから来るかによっては同じ日の乗り換えができ、空港で一晩を過ごす必要がないこともありますのでご確認ください。

ハイライト
アドレス
Kabupaten Wakatobi
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-
ハイライト
アドレス
Kabupaten Wakatobi
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-

ワンギワンギ島、海を目的にした観光客に人気の場所


ワンギワンギ島は南東スラウェシ沖のワカトビ諸島を構成する4つの島の中でもメインとなる島です。また、ワカトビマリン国立公園の玄関口にもなっています。ワカトビの名前は4つの大きな島に由来し、Wangi-WangiのWA、KaledupaのKA、TomeaのTO、BinongkoのBiから成り、そのほかにもTukang Besiと呼ばれる島々があります。この島はサンゴ礁の住処であり、その名kに住む942種もの魚、世界で名の知れた850のサンゴ礁のうち、750ものサンゴが生きています。この島は1,400,000エイカーのうち90,000がサンゴ礁で占められています。この広さはオーストラリアのグレートバリアリーフに次ぎ、世界で2番目の広さとなってます。ワンギワンギ島は海洋生物を求める観光客に人気の場所です。.ワンギワンギ島の海中は海洋生物のパラダイスで、サンゴ礁をはじめとする多種多様な海の生物が共存しています。海底にはスロープや深い洞窟など新たなダイビングの楽しみ方ができるポイントもあります。美しいサンゴ礁は海中わずか数フィートの場所から90フィートの場所まで生息し、まるで底なしの海のようです。ワカトビはダイビングコミュニティーの中では比較的有名ですが、実際に海中に潜った人にしかその面白さは伝えることができません。そのニックネームのとおり、この海はまるでオーシャンと呼ぶほど広大です。しかし実際にここに住む生物たちは遠くの海にも生息しています。この村全体は海の真ん中にあるサンゴ礁や岩の上にかけられた木でできた橋のようなものの上に存在しています。バホ民族は海洋の生態系を維持し、季節、風、潮、月、星、までも観測しています。彼らは特別なボートの建築技術を持っており、最も危険な海でも安全な船を造っています。このミステリアスな海洋民族はフリーダイビング能力を持ち、一年中練習を行い、長い時間潜ることができます。バホの人々は船員や海洋の知識を持つ人が集まっているので、中国とも製品をトレードしています。過去にはバホが島の人々とは隔絶して暮らしていた時期もあり、独自の生活スタイルが世代を超えて受け継がれています。しかし現在では陸上の生活様式を受け入れはじめ、陸上に暮らすことも奨励されています。生活スタイルだけでなくバホの文化の多くは廃れ、独自の言語も消え始めています。バホの人々は潮の満ち引きや季節によって住む場所を変えているようですが、現在のどれくらいの人がそれを続けているか定かではなく、数百家族と見積もられています。2010年の映画「The Mirror Never Lies」はWWF-Indonesiaとワカトビ政府、SET Film Workshopの協力で制作され、バホの人々の生活やワカトビ島周辺の海洋生物の多様性が紹介されました。


Get There
ワンギワンギ島ではおそらくほとんどの人が観光客でしょう。最近オープンしたマタホラ空港はワンギワンギ島にあり、ワカトビまでの道のりをとても楽にしてくれます。マカサー国際空港はシンガポール、クアラルンプール、マレーシアからガルダエアー、エアーアジアが就航しています。マカサー空港までの国内線はインドネシアの主な都市から就航しており、Jakarta, Bali, Surabaya, Balikpapan, Manadoなど多くの都市からフライトが飛んでいます。どこから来るかによっては同じ日の乗り換えができ、空港で一晩を過ごす必要がないこともありますのでご確認ください。

0

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中