インドネシアのスズの博物館

Bangka 島のPangkalPinangのAhmad Yani街の179番にあり、この博物館は昔オランダの植民地時代のBangkaのスズの鉱業の管理(Hoofd Administrateur Banka Tin Winning)の部長の家だった。この博物館は1985年に設立され、1997年に公開されて、インドネシアやアジアだけにあるスズの博物館である。現在Tambang Timahというインドネシアの株式会社に管理されている。
博物館の中にスズの鉱業と関係がある色々なコレクションを持って、一番伝統的なものまである。スズ鉱石やBelincongというスズをとるためのユニークな道具や1700年から水を取り出すために使われた水桶はここにある。オランダの植民地時代からMijnbow Maatschappij Biliton(GMB)という錫塊のブランドの博物館に錫塊の鋳物や錫塊の印鑑もある。BangkaとBelitungのオランダのスズの鉱業の長い歴史の写真もある。

ハイライト
アドレス
Batin Tikal, Taman Sari, Pangkal Pinang City, Bangka Belitung Islands 33684
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-
ハイライト
アドレス
Batin Tikal, Taman Sari, Pangkal Pinang City, Bangka Belitung Islands 33684
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-
インドネシアのスズの博物館

Bangka 島のPangkalPinangのAhmad Yani街の179番にあり、この博物館は昔オランダの植民地時代のBangkaのスズの鉱業の管理(Hoofd Administrateur Banka Tin Winning)の部長の家だった。この博物館は1985年に設立され、1997年に公開されて、インドネシアやアジアだけにあるスズの博物館である。現在Tambang Timahというインドネシアの株式会社に管理されている。
博物館の中にスズの鉱業と関係がある色々なコレクションを持って、一番伝統的なものまである。スズ鉱石やBelincongというスズをとるためのユニークな道具や1700年から水を取り出すために使われた水桶はここにある。オランダの植民地時代からMijnbow Maatschappij Biliton(GMB)という錫塊のブランドの博物館に錫塊の鋳物や錫塊の印鑑もある。BangkaとBelitungのオランダのスズの鉱業の長い歴史の写真もある。

0

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中