タウタウ:タナトラジャで亡くなった方の彫像


20世紀の始めに発見され、明らかにされたトラジャの民族は"南スラウェシの北部の山岳地帯に暮らしています。今日まで、世代を超えて伝えられてきた慣習、信条、伝統を守り続けています。トラジャ民族にとって死が最も中心的なテーマであり、葬式はとても丁寧で、タウタウと呼ばれる彫刻で死を敬拝、象徴しています。トラジャ文化では、タウタウ像は亡くなった方を敬拝する象徴です。木や竹を彫り、遺体が埋められている場所の近くに建てられます。19世紀に始められたと信じられこれらの彫刻は以前は貴族や裕福な地位の人に限って作られていたという説もあります。死の象徴だけでなく、タウタウには墓の守護、生きている人のお守りのような役割も果たしているといわれています。死者と生存者をつなぐ象徴として現在にも残っています。タウタウとはタウを意味する人間に由来して、言葉の繰り返しはインドネシアでは何か重要なことを意味します。よって、タウタウは大切な人間という意味で考えることができるでしょう。タウタウは故人の体格に応じて彫られ、死後の世界でもスピリットが存続していることが表されています。トラジャ文化によると、亡くなった人はすべてポヨという世界に生き、すべての魂が集まるとされています。しかし、社会的な地位に即した正しい葬式が行われなければこのポヨに入ることは許されません。そのため、タウタウはその地位に即した素材で作られなくてはなりません。そうでなければ魂は浄化されず、2つの世界の間でさまようことになります。このために正しい葬式とタウタウが用意されなくてはならないのです。地位の低い人々には、タウタウは竹で作られ、中流階級の人にはサンダルウッド、ランドゥウッドで作られ、高層階級の人へはジャックフルーツの木から作られます。さらに、バッファローの角や骨が目に使われます。タウタウの作成にもきちんとした順番や儀式に沿って行われなくてはならず、木を倒すところから始まります。彫刻の家庭では職人は遺体のそばで作業をしなければなりません。葬式の際には、タウタウは伝統的な衣装に包まれます。男性のタウタウにはサロンを、女性のタウタウにはケバヤと呼ばれるブラウスを着せます。さらに飾りをつけたり、ゴールドを身に着けたり、神聖なナイフといった神聖な飾り付けがされます。葬式が終了すると、遺体が安置された崖や場所に置かれます。ハンギングクリフへはロンダ村から訪ねることができます。トラジャの人々は亡くなった人の魂がタウタウに乗り移って生き続けると考えられ、死者との絆を保つことができると信じています。現在では多くの人々がキリスト教に改宗していますが、このタウタウの文化は受け継がれています。

ハイライト
アドレス
Tana Toraja
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-
ハイライト
アドレス
Tana Toraja
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-

タウタウ:タナトラジャで亡くなった方の彫像


20世紀の始めに発見され、明らかにされたトラジャの民族は"南スラウェシの北部の山岳地帯に暮らしています。今日まで、世代を超えて伝えられてきた慣習、信条、伝統を守り続けています。トラジャ民族にとって死が最も中心的なテーマであり、葬式はとても丁寧で、タウタウと呼ばれる彫刻で死を敬拝、象徴しています。トラジャ文化では、タウタウ像は亡くなった方を敬拝する象徴です。木や竹を彫り、遺体が埋められている場所の近くに建てられます。19世紀に始められたと信じられこれらの彫刻は以前は貴族や裕福な地位の人に限って作られていたという説もあります。死の象徴だけでなく、タウタウには墓の守護、生きている人のお守りのような役割も果たしているといわれています。死者と生存者をつなぐ象徴として現在にも残っています。タウタウとはタウを意味する人間に由来して、言葉の繰り返しはインドネシアでは何か重要なことを意味します。よって、タウタウは大切な人間という意味で考えることができるでしょう。タウタウは故人の体格に応じて彫られ、死後の世界でもスピリットが存続していることが表されています。トラジャ文化によると、亡くなった人はすべてポヨという世界に生き、すべての魂が集まるとされています。しかし、社会的な地位に即した正しい葬式が行われなければこのポヨに入ることは許されません。そのため、タウタウはその地位に即した素材で作られなくてはなりません。そうでなければ魂は浄化されず、2つの世界の間でさまようことになります。このために正しい葬式とタウタウが用意されなくてはならないのです。地位の低い人々には、タウタウは竹で作られ、中流階級の人にはサンダルウッド、ランドゥウッドで作られ、高層階級の人へはジャックフルーツの木から作られます。さらに、バッファローの角や骨が目に使われます。タウタウの作成にもきちんとした順番や儀式に沿って行われなくてはならず、木を倒すところから始まります。彫刻の家庭では職人は遺体のそばで作業をしなければなりません。葬式の際には、タウタウは伝統的な衣装に包まれます。男性のタウタウにはサロンを、女性のタウタウにはケバヤと呼ばれるブラウスを着せます。さらに飾りをつけたり、ゴールドを身に着けたり、神聖なナイフといった神聖な飾り付けがされます。葬式が終了すると、遺体が安置された崖や場所に置かれます。ハンギングクリフへはロンダ村から訪ねることができます。トラジャの人々は亡くなった人の魂がタウタウに乗り移って生き続けると考えられ、死者との絆を保つことができると信じています。現在では多くの人々がキリスト教に改宗していますが、このタウタウの文化は受け継がれています。

0

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中