プラベサキ:バリの母なる寺院


アグン山の西の道に壮大に建ち、バリのヒンドゥー教の母なる寺院プラベサキ、ベサキ寺院は、広大な場所を占め、息をのむほどの山脈の景色と美しい芸術的な寺院の景色の両方を楽しむことができます。


アグン山の頂上に面し、神の住処と信じられており、海抜900メートルの高さにあるプラベサキはバリの東にあるベサキ村にあります。ベサキの名前は「バサキ」という言葉に由来していて、古典的なサンスクリット語で「救済」の意味を持つ「ワサキ」という語源も持つ言葉です。一方、神話で、ナガベスキアンというグナンアグンというバリの火山に住んでいる 神のドラゴンも「ベスキ」という名前を持っています。


この壮大な寺院は古代から聖なる場所とされてきました。この寺院の存在が残っている初めて残された記録は紀元前1007年にまでさかのぼります。さらに15世紀からはベサキがバリのヒンドゥー教の中心として知られています。


プラペナタランアガン、またの名を「偉大なる寺院」はバリの礼拝の中心的な場所で、平行な山の背に6つの高台に22の寺院が立ち並んでいます。

この複合寺院はバリの最も重要である信条であるトリヒタキラナを表現しています。この意味は、地球上の生物は人と神、人と社会、人と自然のすべての調和のもとに暮らさなければならないということです。


満月の日にはバリの人々と巡礼者によって多くの人々が集まります。オダランのフェスティバルの日には、寺院は入念に飾られています。オダランは210日ごとに祝福されます。


Get There


この寺院はとても簡単に見つけることができます。バリで最も人気な旅先の一つとして多くの方に知られています。いくつの行き方があります。


クタからはおよそ2時間かかります。サナーに向かって東に進みます。そして、トーパティのクサンババイパスにつながっている早い沿岸ルートを使い。そして、ベサキの標識が見つかるまで北に進みます。このポイントから数キロメートル進んだところで北に曲がります。クランカン周辺に宿泊しているならば、ベサキは街のセンターから20キロメートル北に位置しています。小さなバスであるベモを使って、ベサキからクランカンまで行きます。 ベモは朝が一番忙しくベサキとクランカンの中心であるレンダンで乗り換えるのをお勧めします。デンペサールの北から来る際はベサキまで車で25キロメートルほどです。しかし、ティルタガンガ、キャンディダサ、アメッドなどバリの東側に宿泊しているならば、カラガセンからベサキまでの道のりで行くことができます。この道を進むと、レンダンベサキとクランカンの交差点に着き、そこで右に曲がると、ベサキ寺院にたどり着きます。ドライブ中は森、村、水田を覗ける美しい景色を楽しむことができます。道のりの途中で村のショートトリップをすれば、ローカルの人々がどのような生活をしているのか、ユニークな家々について学ぶこともできます。

ハイライト
アドレス
Desa Besakih, Kec. Rendang, Karangasem, Karangasem, Kabupaten Karangasem, Bali 80238
入場
Ticket : Rp7000/person (Prices are subject to change any time without prior notice)
オープニング時間
08.00 – 17.00 WITA
詳細情報
+62 361 463743
ハイライト
アドレス
Desa Besakih, Kec. Rendang, Karangasem, Karangasem, Kabupaten Karangasem, Bali 80238
入場
Ticket : Rp7000/person (Prices are subject to change any time without prior notice)
オープニング時間
08.00 – 17.00 WITA
詳細情報
+62 361 463743

プラベサキ:バリの母なる寺院


アグン山の西の道に壮大に建ち、バリのヒンドゥー教の母なる寺院プラベサキ、ベサキ寺院は、広大な場所を占め、息をのむほどの山脈の景色と美しい芸術的な寺院の景色の両方を楽しむことができます。


アグン山の頂上に面し、神の住処と信じられており、海抜900メートルの高さにあるプラベサキはバリの東にあるベサキ村にあります。ベサキの名前は「バサキ」という言葉に由来していて、古典的なサンスクリット語で「救済」の意味を持つ「ワサキ」という語源も持つ言葉です。一方、神話で、ナガベスキアンというグナンアグンというバリの火山に住んでいる 神のドラゴンも「ベスキ」という名前を持っています。


この壮大な寺院は古代から聖なる場所とされてきました。この寺院の存在が残っている初めて残された記録は紀元前1007年にまでさかのぼります。さらに15世紀からはベサキがバリのヒンドゥー教の中心として知られています。


プラペナタランアガン、またの名を「偉大なる寺院」はバリの礼拝の中心的な場所で、平行な山の背に6つの高台に22の寺院が立ち並んでいます。

この複合寺院はバリの最も重要である信条であるトリヒタキラナを表現しています。この意味は、地球上の生物は人と神、人と社会、人と自然のすべての調和のもとに暮らさなければならないということです。


満月の日にはバリの人々と巡礼者によって多くの人々が集まります。オダランのフェスティバルの日には、寺院は入念に飾られています。オダランは210日ごとに祝福されます。


Get There


この寺院はとても簡単に見つけることができます。バリで最も人気な旅先の一つとして多くの方に知られています。いくつの行き方があります。


クタからはおよそ2時間かかります。サナーに向かって東に進みます。そして、トーパティのクサンババイパスにつながっている早い沿岸ルートを使い。そして、ベサキの標識が見つかるまで北に進みます。このポイントから数キロメートル進んだところで北に曲がります。クランカン周辺に宿泊しているならば、ベサキは街のセンターから20キロメートル北に位置しています。小さなバスであるベモを使って、ベサキからクランカンまで行きます。 ベモは朝が一番忙しくベサキとクランカンの中心であるレンダンで乗り換えるのをお勧めします。デンペサールの北から来る際はベサキまで車で25キロメートルほどです。しかし、ティルタガンガ、キャンディダサ、アメッドなどバリの東側に宿泊しているならば、カラガセンからベサキまでの道のりで行くことができます。この道を進むと、レンダンベサキとクランカンの交差点に着き、そこで右に曲がると、ベサキ寺院にたどり着きます。ドライブ中は森、村、水田を覗ける美しい景色を楽しむことができます。道のりの途中で村のショートトリップをすれば、ローカルの人々がどのような生活をしているのか、ユニークな家々について学ぶこともできます。

0

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中