コモド島のロマンティックなピンクのビーチ

すっきり晴れた青い空にふわふわの白い雲が横切ってゆったりと漂う。青々とした緑の丘には草木が生い茂り、また、崖には大きな岩もちらほらと見える。波の落ち着いた透き通った海の中では、カラフルな珊瑚とイキイキと泳ぐ100の種の海洋生物が鮮やかに輝く。最後に、黒くなく白くもない、ピンク色の柔らかな砂浜があなたをロマンティックな気持ちにさせてくれるだろう!

ピンク・ビーチ、またはパンタイメラーは、地球上に存在する7つのピンクのビーチのうちの1つで、自然の不思議を作り出すコモド島の多くの驚くべき特色の1つだ。この美しい色を作り出す特別なビーチは、有孔虫と呼ばれるサンゴ礁の赤色を作り出す小さな動物によって色づけられている。この理由のため、それは地域の人々に赤いビーチと呼ばれている。アカサンゴの小さい断片が白い砂と組み合わさるとき、海岸線に沿って見える柔らかなピンクの色を生じる。ピンクのビーチ以外にも、コモド島の東部湾に沿った小さな部分も、ピンクがかった色合いを持つ。

東部ヌサテンガラのフローレス島のすぐ西に位置するコモド島は、コモド国立公園を作る多くの小島の中の3つの大きな島のうちの1つであり、特にコモドドラゴンの自然の生息地として有名だ。

コモドドラゴンは生息しているトカゲの中でも最大級で、島の名前にもなっている。

ターコイズ色の海、緑の起伏する丘、青い空と魅力的なピンクの砂の自然に囲まれた美しい景色を味わってみよう。この風景の中でリラックスするだけにとどまらず、コモド島には、もっと面白いアクティビティがある。素晴らしい景色を楽しんだ後は海に入り、ピンク・ビーチをも凌ぐ海の美しさを堪能しよう。

柔らかくて硬い何百種もの珊瑚と何千種もの魚で、ピンク・ビーチの海中の珊瑚は、最高の状態にある。ピンク・ビーチはダイバーには素晴らしい選択だ。さらに、豊富な種の住処である浅瀬では初心者ダイバーでも楽しむことができる。

もちろん、より深くに行けばさらに見ることができるものがたくさんある。おとぎ話のようなピンクの砂の上でリラックスし、日焼けを楽しむも良し、または、カヤックや遊泳といったいろいろなウォータースポーツを楽しむも良し。写真撮影が趣味ならば、島の自然の美しさを捕える絶好の機会だ。

そして、最高の夕日を逃さないよう、日暮れまで近くにいることをお勧めする。皆さんに覚えておいてほしいポイントがある。それは、コモド島は無人島であり、そして、コモドドラゴンの自然の生息地であること。生きものが海岸を歩き回っていたり、海中泳いでいたりするのを見つけたら、必ず距離を保つようにしよう。コモドドラゴンズは優れたスイマーで、島中で見つけることができる。コモドオオトカゲは野生動物であり、人々に危害を与える恐れがあるため、経験豊かなガイドまたはレンジャーの同伴なしでこのビーチを訪れることは勧められない。

 

到着

コモド国立公園に最高のルートは、バリからのルートだ。インドネシアで最も人気がある目的地の1つとしてのバリは、アムステルダム、バンコク、ブリズベーン、ダーウィン、ディリ、ドーハ、杭州、香港、クアラルンプール、マカオ、マニラ、メルボルン、モスクワ、大阪、パース、シンガポール、シドニー、台北、東京その他から多数の国際便が集中している空港だ。国内便は、インドネシアのすべての主要都市から発着している。

地元の航空会社はバリから50人の乗客が乗ることができる小型ジェットまたはターボプロップ飛行機を保有し、ラブアンバジョに毎日飛行をする。ラブアンバジョは、コモド諸島への入口だ。

一度ラブアンバジョに着いたら、高速ボートでコモドまで進むことができる。ラブアンバジョの港へは、ラブアンバジョ空港から車で10分でたどり着くことができる。 高速ボートで伝説のピンク・ビーチに直接向かうこともでき、または珊瑚崖とマングローブを眺めるツアーに興味があるならば、島の異なる側で船を就けるもでき、ビーチまで徒歩4時間のツアーも楽しむことができる。

ハイライト
アドレス
Labuan Bajo, Flores
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-
ハイライト
アドレス
Labuan Bajo, Flores
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-

コモド島のロマンティックなピンクのビーチ

すっきり晴れた青い空にふわふわの白い雲が横切ってゆったりと漂う。青々とした緑の丘には草木が生い茂り、また、崖には大きな岩もちらほらと見える。波の落ち着いた透き通った海の中では、カラフルな珊瑚とイキイキと泳ぐ100の種の海洋生物が鮮やかに輝く。最後に、黒くなく白くもない、ピンク色の柔らかな砂浜があなたをロマンティックな気持ちにさせてくれるだろう!

ピンク・ビーチ、またはパンタイメラーは、地球上に存在する7つのピンクのビーチのうちの1つで、自然の不思議を作り出すコモド島の多くの驚くべき特色の1つだ。この美しい色を作り出す特別なビーチは、有孔虫と呼ばれるサンゴ礁の赤色を作り出す小さな動物によって色づけられている。この理由のため、それは地域の人々に赤いビーチと呼ばれている。アカサンゴの小さい断片が白い砂と組み合わさるとき、海岸線に沿って見える柔らかなピンクの色を生じる。ピンクのビーチ以外にも、コモド島の東部湾に沿った小さな部分も、ピンクがかった色合いを持つ。

東部ヌサテンガラのフローレス島のすぐ西に位置するコモド島は、コモド国立公園を作る多くの小島の中の3つの大きな島のうちの1つであり、特にコモドドラゴンの自然の生息地として有名だ。

コモドドラゴンは生息しているトカゲの中でも最大級で、島の名前にもなっている。

ターコイズ色の海、緑の起伏する丘、青い空と魅力的なピンクの砂の自然に囲まれた美しい景色を味わってみよう。この風景の中でリラックスするだけにとどまらず、コモド島には、もっと面白いアクティビティがある。素晴らしい景色を楽しんだ後は海に入り、ピンク・ビーチをも凌ぐ海の美しさを堪能しよう。

柔らかくて硬い何百種もの珊瑚と何千種もの魚で、ピンク・ビーチの海中の珊瑚は、最高の状態にある。ピンク・ビーチはダイバーには素晴らしい選択だ。さらに、豊富な種の住処である浅瀬では初心者ダイバーでも楽しむことができる。

もちろん、より深くに行けばさらに見ることができるものがたくさんある。おとぎ話のようなピンクの砂の上でリラックスし、日焼けを楽しむも良し、または、カヤックや遊泳といったいろいろなウォータースポーツを楽しむも良し。写真撮影が趣味ならば、島の自然の美しさを捕える絶好の機会だ。

そして、最高の夕日を逃さないよう、日暮れまで近くにいることをお勧めする。皆さんに覚えておいてほしいポイントがある。それは、コモド島は無人島であり、そして、コモドドラゴンの自然の生息地であること。生きものが海岸を歩き回っていたり、海中泳いでいたりするのを見つけたら、必ず距離を保つようにしよう。コモドドラゴンズは優れたスイマーで、島中で見つけることができる。コモドオオトカゲは野生動物であり、人々に危害を与える恐れがあるため、経験豊かなガイドまたはレンジャーの同伴なしでこのビーチを訪れることは勧められない。

 

到着

コモド国立公園に最高のルートは、バリからのルートだ。インドネシアで最も人気がある目的地の1つとしてのバリは、アムステルダム、バンコク、ブリズベーン、ダーウィン、ディリ、ドーハ、杭州、香港、クアラルンプール、マカオ、マニラ、メルボルン、モスクワ、大阪、パース、シンガポール、シドニー、台北、東京その他から多数の国際便が集中している空港だ。国内便は、インドネシアのすべての主要都市から発着している。

地元の航空会社はバリから50人の乗客が乗ることができる小型ジェットまたはターボプロップ飛行機を保有し、ラブアンバジョに毎日飛行をする。ラブアンバジョは、コモド諸島への入口だ。

一度ラブアンバジョに着いたら、高速ボートでコモドまで進むことができる。ラブアンバジョの港へは、ラブアンバジョ空港から車で10分でたどり着くことができる。 高速ボートで伝説のピンク・ビーチに直接向かうこともでき、または珊瑚崖とマングローブを眺めるツアーに興味があるならば、島の異なる側で船を就けるもでき、ビーチまで徒歩4時間のツアーも楽しむことができる。

0

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中