ボルネオオランウータンサバイバルの家、ニャル・メンテン


オランウータンの再導入センターはあまり知られていないが、中央カリマンタン州都のパランカラヤ近くのタンジュン・プティンに比べても重要な施設だ。この施設は、元々、希少植物を育てる為に創立されたニャルメンテン植物園であったが現在、森林保全領域ふくめ、霊長類が自然界に戻れる様サポートしている。 植物園の中に設備されたニャル・メンテンオランウータン再導入センターは、ローンドレシャーニールセン氏とオドムキサール氏によって 1999 年に設立された。現在では、ボルネオオランウータンサバイバル(BOS)財団の基には、600 頭以上の孤立したボルネオオランウータンの家となっている。始まり以来、センターは今、多数のケージ、島々、診療所、車両、訓練林と数百人のスタッフがおり、世界最大のオランウータン保護施設となっている。 ローンドレシャー・ニールセン氏がプロジェクトリーダーで、ニャルメンテンオランウータンプロジェクトを開く前ローン氏は、ボランティアで 4 年間タンジュン・プティンで過ごし、幼児のオランウータンの世話をしていた。診療所、検疫施設と社会化ケージがあるこのミッドウェイハウジングは、1.5 ヘクタールのフェンスで囲まれた植物園領域内の最遠端にある。 施設付近の森は平静で、定期的に訪れる訪問者や若いオランウータンが野生で生きるためトレーニングをするのに最適な場所である。1974 年から 1988 年にかけて、ニャルメンテン樹木園は、希少植物が科学的及び教育目的で栽培されていた 65.2 ヘクタールある領域だった。 パランカラヤ近傍にはたくさんの宿泊施設があり、ニャルメンテンに近い範囲内でも見つける事が出来る。パランカラヤの宿泊施設、ホテル情報や詳細は私達にお問い合わせ下さい。


Get There

パランカラヤ都内より 28㎞離れたニャルメンテン植物園はブキット・バトゥ区、トゥンバン・タハイ村にある。パランカラヤとサンピット経由でレンターカーや公共交通機関でアクセスが出来る。タンジュン・プティン方面のパンカラン・ブン行きよりもパランカラヤ行きの方が航空便は多くある。

ハイライト
アドレス
Palangkaraya
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-
ハイライト
アドレス
Palangkaraya
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-

ボルネオオランウータンサバイバルの家、ニャル・メンテン


オランウータンの再導入センターはあまり知られていないが、中央カリマンタン州都のパランカラヤ近くのタンジュン・プティンに比べても重要な施設だ。この施設は、元々、希少植物を育てる為に創立されたニャルメンテン植物園であったが現在、森林保全領域ふくめ、霊長類が自然界に戻れる様サポートしている。 植物園の中に設備されたニャル・メンテンオランウータン再導入センターは、ローンドレシャーニールセン氏とオドムキサール氏によって 1999 年に設立された。現在では、ボルネオオランウータンサバイバル(BOS)財団の基には、600 頭以上の孤立したボルネオオランウータンの家となっている。始まり以来、センターは今、多数のケージ、島々、診療所、車両、訓練林と数百人のスタッフがおり、世界最大のオランウータン保護施設となっている。 ローンドレシャー・ニールセン氏がプロジェクトリーダーで、ニャルメンテンオランウータンプロジェクトを開く前ローン氏は、ボランティアで 4 年間タンジュン・プティンで過ごし、幼児のオランウータンの世話をしていた。診療所、検疫施設と社会化ケージがあるこのミッドウェイハウジングは、1.5 ヘクタールのフェンスで囲まれた植物園領域内の最遠端にある。 施設付近の森は平静で、定期的に訪れる訪問者や若いオランウータンが野生で生きるためトレーニングをするのに最適な場所である。1974 年から 1988 年にかけて、ニャルメンテン樹木園は、希少植物が科学的及び教育目的で栽培されていた 65.2 ヘクタールある領域だった。 パランカラヤ近傍にはたくさんの宿泊施設があり、ニャルメンテンに近い範囲内でも見つける事が出来る。パランカラヤの宿泊施設、ホテル情報や詳細は私達にお問い合わせ下さい。


Get There

パランカラヤ都内より 28㎞離れたニャルメンテン植物園はブキット・バトゥ区、トゥンバン・タハイ村にある。パランカラヤとサンピット経由でレンターカーや公共交通機関でアクセスが出来る。タンジュン・プティン方面のパンカラン・ブン行きよりもパランカラヤ行きの方が航空便は多くある。

0

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中