マダカリプラ滝、マジャパヒト王国の痕跡


ブロモ山の霧立つ山を背にブロモテンガ―セメル国立公園で、マダカリプラ滝を見つけることができます。東ジャワのマジャパヒト王国の部隊の総指揮者ガジャマダが最後に瞑想したと信じられているこの滝には彼の思いが永遠に残っていくだろう。というのも、雨が降り続いてもその水は溜まらず、水中を歩くことができる深さになっているからです。ロンボック地区のサピ村にあるブロム山にほど近く、マダカリプラ滝は東ジャワの都市スラバヤから3時間の運転で着くことができます。この素晴らしい滝はテンガー山の深い丘の先に隠れるように存在しています。この滝にたどり着くまでの道のりは、川を渡ったり、岩場を通ったりしますが、滝につくまでの間もありのままの美しい自然に囲まれた景色を楽しむことができます。ここではマジャパヒト王国の総指揮者ガジャマダ像があり、彼が座り瞑想した場所を見つけることができます。こちらでは自然の壮大さを滝の景色とともに体感することができます。滝の落ちる時の水しぶきの音は激しく、水のカーテンが道沿いにでき、景色だけでなく、体や心まで浄化されるような気がします。止まることのない水は自然の感動を与えてくれるとともに、濡れずに通ることは難しいです。レインコートや傘を準備するか、道沿いの売店で傘や持ち物を守るためのビニール袋のレンタルも行っています。道のりの最終地点には200メートルの高さを誇る大きな滝が待っています。洞窟の壁に残された痕跡はガジャマダガジャマダが最後の瞑想を行った場所だと信じられており、 また、マダカリプラ滝はジャワで最も高く、インドネシアの中でも北スマトラのトバ湖周辺にあるシグラグラに次ぐ2番目に高い滝です。その高さはもちろんですが、滝の周りの雰囲気も体験していただきたいポイントになっています。大きく高い滝に囲まれた場所には自然の霧立つ洞窟があります。200メートルの高さに伴った洞窟は太陽の光が岩場を覆う湿ったコケに反射し、また水の滴る音が響くそこはほかの場所では経験することのできない、不思議体験をすることができます。滴る水の音や輝くコケ、したから覗ける青空に、うっとりさせられます。景色を写真に写すことはできます、体で感じられる感覚はその場所でしか感じることができません。古代14世紀の詩によると、マダカリプラ滝はマジャパヒト国王ハヤムウルクから総指揮者がジャママダに与えられた土地であるそうです。ガジャマダは紀元前1293年から1500年まで続いたマジャパヒト王国の中でも最も栄光のある軍指揮者でした。彼はマジャパヒト王国時代、シンガポール、マレーシアブルネイ、南タイ、フィリピン、東ティモールにまで及ぶ領土の中でも重要人物であり、「スンパ・パラパ」という伝記にも残っています。.彼の素晴らしい能力やパワーがよく瞑想しに来ていたマダカリプラ滝に残っているといわれ、この指揮官はここを最終的に最後の瞑想の場として選び、のちにモクシャと呼ばれる彼の肉体だけでなく、精神や魂が地球から消え去り、昇天したと信じられています。この伝説もあって、現在でもたくさんの人々がこの滝を訪れ、瞑想や儀式を行い、ジャワの新年であるスロの前日に多くの方が訪ねてきます。この場所は歴史的に、文化的にも聖なる場所であり、東ジャワに来た時には必ず立ち寄ってほしい場所の一つです。


Get There

マダカリプラ滝へはスラバヤかマランから車をレンタルするか、ブルモ山のパッケージツアーにも含まれている場合があります。東ジャワの首都である、スラバヤからはシダルジョーポロンーパスラウンープロボリンゴを通って3時間です。トンガに着く際にブルモ山とマダカリプラ滝への標識が出ています。 その標識に沿って曲がった後、小さなモニュメントが道の中心にあり、20~30分それに沿って進み、マダカリプラ滝へ右に曲がる標識があります。道のりは少し狭いですが、絶景を望むことができます。滝にたどり着くまで道なりです。

ハイライト
アドレス
Dusun Branggah, Negororejo, Lumbang, Probolinggo, Jawa Timur 67183
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-
ハイライト
アドレス
Dusun Branggah, Negororejo, Lumbang, Probolinggo, Jawa Timur 67183
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-

マダカリプラ滝、マジャパヒト王国の痕跡


ブロモ山の霧立つ山を背にブロモテンガ―セメル国立公園で、マダカリプラ滝を見つけることができます。東ジャワのマジャパヒト王国の部隊の総指揮者ガジャマダが最後に瞑想したと信じられているこの滝には彼の思いが永遠に残っていくだろう。というのも、雨が降り続いてもその水は溜まらず、水中を歩くことができる深さになっているからです。ロンボック地区のサピ村にあるブロム山にほど近く、マダカリプラ滝は東ジャワの都市スラバヤから3時間の運転で着くことができます。この素晴らしい滝はテンガー山の深い丘の先に隠れるように存在しています。この滝にたどり着くまでの道のりは、川を渡ったり、岩場を通ったりしますが、滝につくまでの間もありのままの美しい自然に囲まれた景色を楽しむことができます。ここではマジャパヒト王国の総指揮者ガジャマダ像があり、彼が座り瞑想した場所を見つけることができます。こちらでは自然の壮大さを滝の景色とともに体感することができます。滝の落ちる時の水しぶきの音は激しく、水のカーテンが道沿いにでき、景色だけでなく、体や心まで浄化されるような気がします。止まることのない水は自然の感動を与えてくれるとともに、濡れずに通ることは難しいです。レインコートや傘を準備するか、道沿いの売店で傘や持ち物を守るためのビニール袋のレンタルも行っています。道のりの最終地点には200メートルの高さを誇る大きな滝が待っています。洞窟の壁に残された痕跡はガジャマダガジャマダが最後の瞑想を行った場所だと信じられており、 また、マダカリプラ滝はジャワで最も高く、インドネシアの中でも北スマトラのトバ湖周辺にあるシグラグラに次ぐ2番目に高い滝です。その高さはもちろんですが、滝の周りの雰囲気も体験していただきたいポイントになっています。大きく高い滝に囲まれた場所には自然の霧立つ洞窟があります。200メートルの高さに伴った洞窟は太陽の光が岩場を覆う湿ったコケに反射し、また水の滴る音が響くそこはほかの場所では経験することのできない、不思議体験をすることができます。滴る水の音や輝くコケ、したから覗ける青空に、うっとりさせられます。景色を写真に写すことはできます、体で感じられる感覚はその場所でしか感じることができません。古代14世紀の詩によると、マダカリプラ滝はマジャパヒト国王ハヤムウルクから総指揮者がジャママダに与えられた土地であるそうです。ガジャマダは紀元前1293年から1500年まで続いたマジャパヒト王国の中でも最も栄光のある軍指揮者でした。彼はマジャパヒト王国時代、シンガポール、マレーシアブルネイ、南タイ、フィリピン、東ティモールにまで及ぶ領土の中でも重要人物であり、「スンパ・パラパ」という伝記にも残っています。.彼の素晴らしい能力やパワーがよく瞑想しに来ていたマダカリプラ滝に残っているといわれ、この指揮官はここを最終的に最後の瞑想の場として選び、のちにモクシャと呼ばれる彼の肉体だけでなく、精神や魂が地球から消え去り、昇天したと信じられています。この伝説もあって、現在でもたくさんの人々がこの滝を訪れ、瞑想や儀式を行い、ジャワの新年であるスロの前日に多くの方が訪ねてきます。この場所は歴史的に、文化的にも聖なる場所であり、東ジャワに来た時には必ず立ち寄ってほしい場所の一つです。


Get There

マダカリプラ滝へはスラバヤかマランから車をレンタルするか、ブルモ山のパッケージツアーにも含まれている場合があります。東ジャワの首都である、スラバヤからはシダルジョーポロンーパスラウンープロボリンゴを通って3時間です。トンガに着く際にブルモ山とマダカリプラ滝への標識が出ています。 その標識に沿って曲がった後、小さなモニュメントが道の中心にあり、20~30分それに沿って進み、マダカリプラ滝へ右に曲がる標識があります。道のりは少し狭いですが、絶景を望むことができます。滝にたどり着くまで道なりです。

0

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中