プラウカジェットネイチャーリザーブ


1968年に刊行されたティンティンの冒険というマンガの「Flight 714」のエピソードに、アランという登場人物が変わった長い花を持つサルを見ている面白いシーンがあります。この霊長類はプロボシスモンキーと呼ばれ、南カリマンタンのマスコットてきな存在です。ボルネオの森には土着の生き物がたくさん生息し、プラウカジェットナイチャーリザーブで見つけることができます。バンジャルマシンの都市に流れるバリト川の近くにあるプラウカジェットは川から流れてきた泥でできた三角州の島です。島は南カリマンタンのバリトクアラにある、タブンガネン地区にあります。肥沃な土は農業にぴったりのミネラルを含んでおり、多様な生物の住む森の形成にも役立っています。Puプラウカジェットは驚きの島という意味を持ちます。その名前の由来には公的なものはありませんが、島に一歩踏み入れた時のサルの鳴き声や木々のせせらぎなど、驚きに満ち溢れた感覚に由来していると信じられています。85平方メートルのこの島は1976年委森林省によって自然保護区になりました。プロボシスモンキーは保護の中心的な動物です。ラテン語でNasalis larvatusと呼ばれるこのサルは大きく長く赤い鼻と大きなおなかでべカンタンやダッチエイプとして知られています。このシャイなサルはボルネオのみで見つけられる種でアジアに生息する最も数の多いサルの種のひとつです。プロボシスモンキーはIUCN Red Listで絶滅危惧種に指定され、CITESのAppendix Iにもリストアップされました。ハンティングや住処の減少により、2008年までに36から40年の間で数が50パーセントほどに減少しました。1990年から。南カリマンタン地区のマスコットとしてプロボシスモンキーが認定されました。このユニークな霊長類はインドネシアのパークでマスコットとして人気となり、ジャカルタのアンコールドリームシティのアイコンにもなっています。プラウカジェット自然保護だけでなく、カリマンタンのLake Sentarum National Park、Gunung Palung National Park、Kutai National park、Mandor Reserve、やTanjung Puting National Park、東カリマンタンのWain River Forest Protection Reserveなどの国立公園でも見ることができます。プロボシスモンキー以外にも自然保護区では長いしっぽを持つ、macaque (Macaca fascicularis)、lutung apes (Presbitis cristata)など様々な種の鳥、Psittacula alexandri、the Brahminy Kite (Haliadus indus)、the Kingfisher (Halcyon choris)、the Sea Eagle (Inchthyophaga inchtyootus)も生息しています。以下の植物生息地も観測できます:Mangrove, Rambai, Nipah, Bakung, Api-api, Pandan, and Jeruju。


Get There

バンジャーマシンにほど近く、南カリマンタンのプラウカジェットまでは15分のスピードボートでたどり着くことができます。クロトックと呼ばれるカリマンタンの伝統的なボートを体験してみたい方は、約1時間半のツアーがあります。

ハイライト
アドレス
Kecamatan Tabunganen, Barito Kuala, Kalimantan Selatan
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-
ハイライト
アドレス
Kecamatan Tabunganen, Barito Kuala, Kalimantan Selatan
入場
-
オープニング時間
-
更なる情報
-

プラウカジェットネイチャーリザーブ


1968年に刊行されたティンティンの冒険というマンガの「Flight 714」のエピソードに、アランという登場人物が変わった長い花を持つサルを見ている面白いシーンがあります。この霊長類はプロボシスモンキーと呼ばれ、南カリマンタンのマスコットてきな存在です。ボルネオの森には土着の生き物がたくさん生息し、プラウカジェットナイチャーリザーブで見つけることができます。バンジャルマシンの都市に流れるバリト川の近くにあるプラウカジェットは川から流れてきた泥でできた三角州の島です。島は南カリマンタンのバリトクアラにある、タブンガネン地区にあります。肥沃な土は農業にぴったりのミネラルを含んでおり、多様な生物の住む森の形成にも役立っています。Puプラウカジェットは驚きの島という意味を持ちます。その名前の由来には公的なものはありませんが、島に一歩踏み入れた時のサルの鳴き声や木々のせせらぎなど、驚きに満ち溢れた感覚に由来していると信じられています。85平方メートルのこの島は1976年委森林省によって自然保護区になりました。プロボシスモンキーは保護の中心的な動物です。ラテン語でNasalis larvatusと呼ばれるこのサルは大きく長く赤い鼻と大きなおなかでべカンタンやダッチエイプとして知られています。このシャイなサルはボルネオのみで見つけられる種でアジアに生息する最も数の多いサルの種のひとつです。プロボシスモンキーはIUCN Red Listで絶滅危惧種に指定され、CITESのAppendix Iにもリストアップされました。ハンティングや住処の減少により、2008年までに36から40年の間で数が50パーセントほどに減少しました。1990年から。南カリマンタン地区のマスコットとしてプロボシスモンキーが認定されました。このユニークな霊長類はインドネシアのパークでマスコットとして人気となり、ジャカルタのアンコールドリームシティのアイコンにもなっています。プラウカジェット自然保護だけでなく、カリマンタンのLake Sentarum National Park、Gunung Palung National Park、Kutai National park、Mandor Reserve、やTanjung Puting National Park、東カリマンタンのWain River Forest Protection Reserveなどの国立公園でも見ることができます。プロボシスモンキー以外にも自然保護区では長いしっぽを持つ、macaque (Macaca fascicularis)、lutung apes (Presbitis cristata)など様々な種の鳥、Psittacula alexandri、the Brahminy Kite (Haliadus indus)、the Kingfisher (Halcyon choris)、the Sea Eagle (Inchthyophaga inchtyootus)も生息しています。以下の植物生息地も観測できます:Mangrove, Rambai, Nipah, Bakung, Api-api, Pandan, and Jeruju。


Get There

バンジャーマシンにほど近く、南カリマンタンのプラウカジェットまでは15分のスピードボートでたどり着くことができます。クロトックと呼ばれるカリマンタンの伝統的なボートを体験してみたい方は、約1時間半のツアーがあります。

0

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中