ファタヒラー博物館は、歴史的建造物であり、ジャカルタの歴史について全て勉強できる場所

ジャカルタ歴史博物館(ファタヒラー博物館として知られています)は、以前の市役所にあり、ジャカルタコタというジャカルタの昔ながらの町に位置しており、港の裏側、スンダ・クラパの倉庫から数百メートル離れています。本来は市庁舎と呼ばれ、本建物は オランダ東インド会社の行政本部、その後オランダ政府のものでした。

1710年に総督ヴァン・レベックにより建築され、この建物の地下には、悪名高い地下牢と水汚い刑務所が隠れています。今日、この博物館には、ジャカルタの先史時代の歴史からジャヤカルタ町の設立までの歴史が展示されています。展示されているものの中には、遡って5世紀のプルナワルマン王様の治世時代のトゥグ表記のレプリカも含まれています。これは、タルマネガラ王国の中心は現在のタンジュン・プリウック港の周辺に位置していたということを証明されました。王様の遺物はバタヴィア市の多数の文化要素の影響を反映していました。ヨーロッパ特にオランダから、中国、インド、またインドネシアからもあります。 

昔ながらのバタヴィアの生活や暮らしを生かせるために、現在のジャカルタ政府は現地の方々及び現地文化について日曜日にはザピンダンスというブタウィ民族と中東文化の組み合わせのダンス、バロンサイとう中国のライオンダンス、ポルトガールの影響を受けているクロンチョン音楽、ブタウィ民族の独特な音楽、バティックファッションショー、昔の車両パレード、食べ物・お土産、そして花火があります。

ハイライト
アドレス
Jalan Taman Fatahillah No.1, Kota Jakarta Barat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 11110
入場
-
オープニング時間
9AM–3PM
更なる情報
-
ハイライト
アドレス
Jalan Taman Fatahillah No.1, Kota Jakarta Barat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 11110
入場
-
オープニング時間
9AM–3PM
更なる情報
-
ファタヒラー博物館は、歴史的建造物であり、ジャカルタの歴史について全て勉強できる場所

ジャカルタ歴史博物館(ファタヒラー博物館として知られています)は、以前の市役所にあり、ジャカルタコタというジャカルタの昔ながらの町に位置しており、港の裏側、スンダ・クラパの倉庫から数百メートル離れています。本来は市庁舎と呼ばれ、本建物は オランダ東インド会社の行政本部、その後オランダ政府のものでした。

1710年に総督ヴァン・レベックにより建築され、この建物の地下には、悪名高い地下牢と水汚い刑務所が隠れています。今日、この博物館には、ジャカルタの先史時代の歴史からジャヤカルタ町の設立までの歴史が展示されています。展示されているものの中には、遡って5世紀のプルナワルマン王様の治世時代のトゥグ表記のレプリカも含まれています。これは、タルマネガラ王国の中心は現在のタンジュン・プリウック港の周辺に位置していたということを証明されました。王様の遺物はバタヴィア市の多数の文化要素の影響を反映していました。ヨーロッパ特にオランダから、中国、インド、またインドネシアからもあります。 

昔ながらのバタヴィアの生活や暮らしを生かせるために、現在のジャカルタ政府は現地の方々及び現地文化について日曜日にはザピンダンスというブタウィ民族と中東文化の組み合わせのダンス、バロンサイとう中国のライオンダンス、ポルトガールの影響を受けているクロンチョン音楽、ブタウィ民族の独特な音楽、バティックファッションショー、昔の車両パレード、食べ物・お土産、そして花火があります。

その他

{data.preTitle}
{data.buildings} {data.star}
私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中