ワカトビ、熱帯珊瑚礁とカラフルな魚の家


現在、ワカトビ地区全体をカバーするナショナルマリーンパークは総面積140万ヘクタールあり、そのうち90万ヘクタールにはカラフルで種類豊富な熱帯サンゴ礁がいる。ワカトビは、世界で最も多くのサンゴ礁と魚類がいると広く認識されている。オーストラリアのグレートバリアリーフに次いでインドネシア最大のバリアリーフと同じく島は有名だ。

フリンジング、環礁、バリアリーフや主要島から簡単にアクセスできる50以上の壮大なダイビングスポットがある。大小様々な魚種の生息地でもあり、イルカ、カメ、クジラの遊び場でもある。世界で有名なダイビングセンターであるエジプト、紅海のカリブ海ではたった50種と300の珊瑚礁種と比べても、ワカトビは世界コレクション850の珊瑚礁の種類と942の魚類も生息している。


辿り着くには

ジャカルタ、バリまたはスラバヤからバウバウまで飛ぶ航空会社は、Garuda Indonesia, Lion Air、Sriwijaya Airlineだ。バウバウからボートでワカトビまで行く。ワカトビ ダイブ ではリゾートではチャーター便が運航しており、トミア島に直接到着するバリからの乗客を迎えに行ける。

0

経験 ワカトビ、熱帯珊瑚礁とカラフルな魚の家

新着情報

私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中