タンジュンピナン、多様性の町


タンジュンピナンはリアウ諸島でバタムに次いで2番目に大きな町です。今日、すべての地区の首都としても成長しました。タンジュンピナンはビンタン島の南西部に位置しています。この町はリアウ諸島のワンダーを探検する玄関となる港です。2004年の7月にリアウ諸島はリアウ地区から独立しました。現在のリアウ諸島はカリムン、バタン、シンケップリンガを含みます。タンジュンピナンは様々なエスニックコミュニティーが集まった多様な町です。大きい街でもないにもかかわらず、外からの移民に魅力的な町となっています。モスク、教会、ヒンドゥー寺院、が道沿いに多数みられ、多様な文化が共生しています。タンジュンピナンはシーフード好きには天国でしょう。「Gong gong」という食べ物は挑戦する価値があります。中華料理はどこでも見つけられ、他のインドネシア料理も見つけることができます。ココナッツと卵からできた「Kaya」と呼ばれるパンなどに塗るスプレッドは「Otak-Otak」と呼ばれる何層にも重なったケーキにも使われ、手土産にも人気です。陸からでもボートからでもタンジュンピナンの主な観光地にはアクセスが容易です。有名な観光地は、ペニェンガット島、センガラン、チャイニーズパゴダです。ペニェンガット島まではボートで行くことができ、以前はリアウリジャの首都でした。ラジャアリの古い要塞や、お墓、など、遺産が残る島です。町の古い場所ではバプティやㇾゲントの住居であるペニェンガットが海に面してあります。建物は植民期の建築様式から簡単に判断できます。


Get There
近年、タンジュンピナンはジャカルタから簡単にたどり着くことができるようになりました。ガウダ、スリウィジャヤエアー、ライオンエアーなどの航空会社がジャカルタからの国内線を就航したからです。タンジュンピナンはシンガポールやマレーシアからもフェリーで移動することができます。スリビンタンプラフェリーターミナルはビンタンのメインとなる乗客の入り口で都市からの国内線、国際線のどちらにも対応しています。

0

経験 タンジュンピナン

私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中