Sorong、西パプアの素晴らしい、最も忙しい港


Sorong町は西パプア半島の“鳥の頭”の「くちばし」にあって、素晴らしいRaja Ampat海中公園への出発点だ。ローカルSoreri言語から由来して、「Sorong」は「深くて大しけの海」を意味している。山、丘、低地と保護された森は町を囲む。港としてその住民は、多民族的だ。Sorongのあたりの海はマグロとエビで豊富だ。そして、それは主要な輸出必需品でもある。Kabra島でサメひれとナマコが香港、台湾と中国に出荷されるものの日本の養殖真珠農業もある。

0

経験 ソロン

私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中