北スマトラ州の本海港、シボルガ


シボルガは北スマトラの西海岸の本海港である。初年の紀元からインドとアラブの商人はインド洋を乗り切って、東門を使って、スマトラに入る。この地の魅力はバルスの港の近くから輸出された高級なカンフルだ。カンフルはインドネシア語では「Kapur Barus」(カプルバルス)、バルスからのカプルという意味だ。シボルガはタピアンナウリ湾にあり、ボートやフェリーで、サーフィンと巨石文化で有名な二アス諸島とムルサラ島の様な他の近くの島々へ行ける本海港である。バタック語では、タピアンナウリの意味は素敵な海である。ポチャンガダンッグ島やポチャンケテック島、サルディック島、パンジャンッグ島等美しい島がシボルガの近くに多くある。白い砂浜と、ヤシの木が象徴的な熱帯の島だ。

0

経験 シボルガ

速報

私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中