Pangkalpinang、スズの鉱業の中心  

Bangka島の東海岸にあるPangkalpinangは島に一番大きい町でBangka-Belitung諸島州の州都である。政府や経済や商慣習の中心の以外、PangkalpinangはBangka-Belitung諸島の美しさが楽しみたい人の入り口である。マレイ語で「Pangkal(Pengkal)」の意味は中心、または始まりである。スズの鉱業の中心としての都市の役を参考する。昔小さい鉱区は島の商慣習の中心や諸島を結ぶ港になった。一方で「Pinang」は島に一杯ある椰子という意味である。

0

経験 パンカル・ピナング

速報

私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中