デンパサール、現代と土着の文化の完全な融合


島の南海岸のクタやレギアンのスリリングな波に比べるとそれほど観光客に有名ではありませんが、バリの首都であるデンパサ―ルは現代とバリの特徴的な文化の融合での独自の面白さがある都市です。この都市はバリ島内と観光客をつなぐハブの役割も担っています。まtデンパサールは毎年バリアートフェスティバルが開催されている場所でもあります。1958年にデンパサールの北に位置するシンガラジャにかわるバリの首都として認められたデンパサールは人口的にも経済的にも発展してきました。バリの中心地として、政府関係オフィス、バリミュージアム、ハリウッドスターのチャーリーチャップリンが宿泊したバリの最初のホテルなどが建設されました。またしゅような銀行も出店しています。その他の政府オフィスはレノンで見つけることができます。ププタンスクエアーはバリの歴史的ランドマークで、悲惨な歴史を持っています。歴史を振り返る場所となっており、植民地期のバリの人々の困難の歴史を振り返ることができ、展示物があります。デンパサールには寺院、パレスや東にはサナーのビーチがあります。政治やビジネスの中心地ですが、高いビルディングや現代的な建築だけでなく、政府関係オフィスや銀行、ビジネスオフィス、ショッピングモール、バリの文化を残す場所もあります。デンパサールはバリの最も大きな都市からは離れていますが、小さな町にもかかわらず、交通渋滞が頻繫に起こります。この町はヒンドゥー寺院と住宅街が混ざったニットノ網目のような村です。本物のバリの人々の暮らしを見ることができる町です。デンパサールはバリのベストなショッピングとストリートマーケット、デパート、トレンドのブティックが集まっています。ここ首都では島を完璧に知るとこができる方法としてバリプロビンシャルミュージアムがあげられます。ここではバリ全土で起こった歴史や文化がすべて紹介されています。4つの伝統的なパビリオンが設置されています。また、兵器、高価なジュエリー、バリの布地、宗教的な展示、伝統的な衣装、マスク、芸術作品が展示されています。東の郊外にある、バリアートセンターはバリ文化の中心地です。大きな展示スペース、アートミュージアム、コンサートホールなどの設備も整っています。ウブドで有名なすべてのスタイルを取り入れたアート作品、木彫、伝統衣装もあります。観覧車はダンスや音楽パフォーマンスを野外会場で現代的な電飾を使って楽しむことができます。ダンスは基本的に公開され、バリ様式の振り付けが見られます。ユニークなカケックダンスは夜6:30-7:30に開催されます。バリの他の場所と同じように、デンパサールには多くのヒンドゥー寺院があります。その中でも有名なものはPura Agung Jagatnatha、Pura Maospahit、Puri Pemecutanです。


Get There
ほとんどのバリを訪れる観光客はクタとジンバランの中間に位置するツバンにあるンガラライ国際空港におりつきます。デンパサールから15キロ、車で30分離れた場所です。バリの主要玄関として、この空港はインドネシアでソエカルノハッタ国際空港に次いで2番目に忙しい空港となっています。ンガラライ国際空港はバリとインドネシアの主要な都市や世界中の都市を結んでいます。国内線国際線のンガラライ国際空港の詳しい情報はこちらをご覧ください。http://www.ngurahrai-airport.co.idデンパサールは南バリの混交力車やタクシーで簡単に行くことができます。クタ、レギアン、セミニャックまで20-30分で行くことができます。サナーへはたった15分、うぶ度へは30分程度です。タバナンは北西に40分ほどの場所です。プリペイドタクシーが空港からデンパサールまでRp 70,000-100,000ほどかかります。デンパサールのメインバス、べモターミナルはウバンです。ウバンは南バリからジャワへのバスのハブターミナルです。東ジャワの首都スラバヤまではバニュワンギからギレマヌク間のフェリー内のミネラルウォーターと食事を含みRp 120,000ほどかかります。バリには電車が通っていませんがデンパサールへ電車を利用することもできます。スラバヤまでバニュワンギ行のエアコン付きのバス、ジレマヌクーケタパング間のフェリーを含むチケットがあります。詳細はこちら。http://www.indo.com/ground_transport/train_old/deparinfo.html

0

経験 デンパサール

私たちは、印刷してあなたと一緒に取るために、この地域のPDFガイドを作りました。
ダウンロード中